不用品回収なら24時間対応の日本不用品回収センター

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

物干し竿の処分方法5選を徹底解説!粗大ゴミとして捨てる方法も紹介

物干し竿の処分方法

物干しざおの捨て方がわからず困っているという方はいませんか?

本記事では、処分方法がわからず困っているという方のため、物干し竿の処分方法5選を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • 解体することで不燃ごみとしても捨てられる
  • 素材は「スチール」「ステンレス」「アルミ」がほとんど
  • すぐに手放したいなら不用品回収業者がベスト

物干し竿は粗大ゴミとして処分が可能!

物干し竿は粗大ゴミとして処分が可能!

手放す際は、物干し竿が粗大ごみとしてられるのかが一番気になっている方が多いのではないでしょうか?

結論から書くと物干しざおは粗大ごみとして自治体に回収してもらうことができます。

地域やサイズによって回収してもらう際にかかる費用は変わってきますが、おおよそほとんどの地域で粗大ごみとして出すことができます。

費用の目安は300円から1,000円程度です。

他の処分方法に比べて簡単に圧倒的に安く処分できるため、処分にできるだけ手間もお金もかけたくないと考えている人は、粗大ごみとして出す方法がおすすめです。

物干し竿を構成する素材について

物干し竿を構成する素材を紹介します。

最近の物干し竿は、「スチール」「ステンレス」「アルミ」の素材のどれかで作られていることがほとんどです。

昔は鉄製の物干し竿が多かったため、古い物干し竿を使い続けている場合は、鉄製物干し竿の可能性もあります。

スチール・ステンレス・アルミの3つの素材が良く使われる理由は、雨にさらされてもさびにくく、持ち上げても軽いことが理由です。

さらにはほかの素材に比べてリーズナブルな価格で購入できることも魅力と言えるでしょう。

アルミやスチールの物干し竿は、軽く長さを変えられるなどの機能性が充実している反面、強度が弱いというデメリットも存在しています。

そのため、たくさんの洗濯物や布団のような重い物を乗せることには適していません。

物干し竿の長さと粗大ゴミについて

最近の物干し竿には、長さを変えられる伸縮機能が搭載されていることも少なくありません。

しかし伸縮機能のある物干し竿であっても、長さは1メートル以上あるケースがほとんどです。

そのため、そのままの状態では不燃ごみとして処分することはできないルールになっている自治体が多いです。

アルミやスチール、ステンレスという素材だけでみると、一見不燃ごみとしても出せるのでは?と感じるかと思いますが、長い状態のままでは不燃ごみとして出すことはできません。

粗大ごみとしての区分は、1辺の長さが30センチ以上という規定が多いため、自力で細かく解体することができれば不燃ごみとして処分することもできます。

不燃ごみとして出したい場合は、自治体の既定の長さまで小さく分解しましょう。

物干し竿のおすすめ処分方法5選!

物干し竿のおすすめ処分方法5選!

普段捨てるようなごみよりも圧倒的にサイズが大きいことから、どうやって捨てたら良いのかわからない方が多いのではないでしょうか?

洗濯物を干す際は大きい方が便利ですが、いざ捨てるとなるとその大きさのせいで捨て方が限られてきてしまいます。

物干し竿のおすすめの処分方法は下記の通りです。

物干し竿の処分方法5選
  • 粗大ごみとして処分する方法
  • 解体して不燃ごみとして処分する方法
  • 買い替え時に回収してもらう方法
  • フリマアプリに出品する方法
  • 不用品回収業者に回収を依頼する方法

物干し竿の処分方法①粗大ゴミとして処分

おすすめの物干し竿の処分方法1つ目は、「粗大ごみとして処分する方法」です。

物干し竿を燃えるごみのように自治体に回収してもらう場合は、粗大ごみに分類されます。

他の処分方法に比べて比較的安く、簡単に処分できるため、手間もお金もできるだけかけたくないと考えている人に最適です。

お住まいの地域にもよりますが、回収日は週に1度程度しか設定されていません。

そのため、引っ越しなどで処分しなければいけない日程が決まっているという場合には向いていません。

急ぎの方は別の処分方法を検討してみましょう。

粗大ごみとして出す場合には、事前の予約・支払いが必須のケースが多いです。

事前に忘れずに予約と支払いをするようにしてください。

物干し竿の処分方法②解体して不燃ゴミとして処分

おすすめの物干し竿の処分方法2つ目は、「解体して不燃ごみとして処分する方法」です。

とにかく手放すことにお金を掛けたくないと考えている人は、解体して不燃ごみとして処分する方法がおすすめです。

物干し竿は、ステンレスやアルミ、スチール素材でできているため、解体にはそれなりの手間と時間がかかります。

費用面だけを見て決めてしまい、後から後悔することのないように注意しましょう。

解体の際には、ノコギリよりもパイプカッターを使用すると早く簡単に解体でき、便利です。

最近では、100円ショップなどでも購入できるため、解体の際はパイプカッターを用意してみてください。

力を必要としないため、パイプカッターを使用すれば女性の方や力がない方でも短く解体することが可能です。

物干し竿の処分方法③買い換え時に回収してもらう

おすすめの物干し竿の処分方法3つ目は、「買い替え時に回収してもらう方法」です。

ほとんどのホームセンター・家具屋さんでは、新品を購入することで古いものを引き取ってもらうことができます。

有料のこともありますが、無料で引き取ってもらえるケースも珍しくないため、壊れてしまったなどの理由で処分を考えている際は、買い替え時に回収してもらう方法がおすすめです。

お店によっては、買い替えの場合にも回収は有料のケースやそもそも回収サービスに対応していないケースもあるので、利用する際は事前にお問い合わせをして確認するようにしてください。

最近では、インターネット通販でも買い替え時の無料回収に対応している場所が増えてきました。

下記からは、回収に対応している家具屋さんを紹介します。

①ニトリ|有料引き取り

ニトリは寝具から大型の家具まで幅広く取り扱っている大手の家具販売店です。

ニトリでは新品の物干し竿を購入した際に限り、有料で自宅配送時に古い物干し竿を回収してもらうことができます。

詳しい条件は下記の通りです。

ニトリで物干し竿を回収してもらうための条件
  • 1度の注文額の合計が税抜き3,000円以上
  • 宅配便の商品購入時以外
  • 物干し竿購入数と同数まで

上記のすべての条件を満たしていた場合に限り引き取りサービスを利用することができます。
なお、ニトリは全国各地に店舗を展開していますが、一部の店舗では回収に対応していないため、利用の際は事前に確認することがおすすめです。

②コーナン|無料引き取り

コーナンは家具からペットや工具まで幅広い商品を展開しているホームセンターです。

コーナンでは、対象に設定されている物干し竿を購入した場合に限り、物干し竿を1点まで無料で回収してもらうことができます。

1点の購入につき1点まで回収が可能なため、当然2点購入した場合は2点回収してもらうことが可能です。

詳しい条件は下記の通りです。

コーナンで物干し竿を回収してもらうための条件
  • 対象に設定された物干し竿を1点購入する
  • 引き取ってもらいたい物干し竿を自力で店頭まで運ぶ

自力で店頭まで使わなくなった物干し竿を運んでこれる方のみが対象となっているため、車を持っていない方や、自宅から距離がある場合には厳しいかもしれません。

③カインズ|無料引き取り

カインズは、家具やインテリア、日用品などを取り扱っているホームセンターです。

カインズでは、店頭で対象に設定されている商品を購入した場合に限り無料でいらなくなった物干し竿を引き取ってもらうことができます。

詳しい条件は、下記のとおりです。

カインズで物干し竿を回収してもらうための条件
  • 店頭で対象商品を購入する(オンラインショップは対象外)
  • 物干し竿または物干し支柱を購入する

購入時に回収の場所が多いですが、カインズでは対象商品を購入したレシートさえ取っておけば、購入日でなくても引き取ってもらうことができます。

④ジョイフルエーケー|無料引き取り

ジョイフルエーケーは、北海道で展開されているホームセンターです。

ジョイフルエーケーでは、対象に設定されている商品を購入した場合に限り、いらなくなった物干しを無料で回収してもらうことができます。

詳しい条件は下記のとおりです。

ジョイフルエーケーで物干し竿を回収してもらうための条件
  • 対象の商品を1点購入する
  • コンクリート製の物干し支柱は引き取りサービスの対象外

商品の購入と引き取りの持ち込みは同日でなくても問題ありません。

対象商品を購入した際のレシートを取っておくことで、自分の好きなタイミングで引き取りに持ち込むことができます。

自宅までの出張回収は対応しておらず、回収してほしい際は店頭まで自力で運ぶ必要があります。

⑤ビバホーム|無料引き取り

ビバホームは家具やインテリアなどの住まいに関連した商品・サービスを取り扱っているホームセンターです。

ビバホームでは、商品を購入した際に限りいらなくなった物干し竿を無料で回収してもらうことができます。

詳しい条件は下記の通りです。

ビバホームで物干し竿を回収してもらうための条件
  • 購入した品と同数量まで
  • 引き取ってもらいたい物干し竿を自力で店頭まで運ぶ

無料回収は、購入した品と同じ数まで依頼することができます。

引き取ってもらいたい物干し竿は、自力で店頭まで運ばなければいけないため、車などがない方には少し難しいかもしれません。

⑥セキチュー|無料引き取り

セキチューは、日用品から工具や園芸用品まで幅広いジャンルの商品を取り扱っているホームセンターです。

セキチューでは、新品の物干し竿を購入した際に限り、いらなくなった物干し竿を無料で引き取ってもらうことができます。

新しい物干し竿を購入する予定がある方に最適です。

詳しい詳細は、ホームページ上には掲載されていませんでした。

細かい条件などは店舗によって違う可能性があるため、利用する際は、利用予定の店舗に直接お問い合わせをしてみましょう。

お問い合わせはセキチューのホームページまたは電話から行えます。

物干し竿の処分方法④フリマアプリに出品する

物干し竿を処分するおすすめの方法4つ目は、「フリマアプリに出品する方法」です。

もしも手放そうと考えている物干し竿が、状態が良くまだまだ使えるのであれば、お金を支払って処分をしなくてもフリマアプリに出品することで処分することも可能です。

フリマアプリとは、個人間でいらなくなった物の売買が行えるアプリです。

スマートフォンかパソコンをお持ちであれば、すぐにでも物干し竿を出品できます。

会員登録から出品までは完全に無料です。

買い手が見つかった場合は、販売手数料と送料がかかります。

費用が発生するのは、出品後に買い手が見つかった場合のみのため興味がある方はとりあえず出品してみることがおすすめです。

販売価格なども自分の自由に決めることができます。

物干し竿の処分方法⑤不用品回収業者に依頼する

物干し竿を処分するおすすめの方法5つ目は、「不用品回収業者に依頼する方法」です。

不用品回収業者とは、いらなくなった家電や使わなくなった家具、資源ごみなどを有料で回収・処分している業者です。

この処分方法の最大のメリットは、手放すことにとにかく手間がかからないことです。

電話で申し込むことができ、業者によっては申し込みの電話をした当日に回収に来てもらえるため、できる限り早く処分したいと考えている人におすすめです。

手間が一切かからないことや、すぐに処分できることなどメリットが多いですがメリットが多い分ほかの処分方法よりも処分費用が高くなる傾向にあります。

そのため、費用面が気になる方は注意が必要です。

物干し竿の処分方法別メリット・デメリット

物干し竿の処分方法別メリット・デメリット

処分方法はメリットとデメリットの両方を確認して決めたいと考えている方が多いかと思います。

そこで下記からは、物干し竿の処分方法別のメリット・デメリットを紹介します。

粗大ごみとして処分する方法のメリットは、処分費用が安いこと、デメリットは予約などの手間がかかり最大1週間待たなければいけないことです。

不燃ごみとして処分する方法のメリットは、処分費用が一番安いことで、デメリットは解体する必要があることです。

買い替え時に回収してもらう方法とのメリットは、処分費用が安く済むことで、デメリットはお店によってルールが違っておりわかりづらいことです。

フリマアプリに出品する方法のメリットは、処分費用をプラスにできる可能性があることで、デメリットは買い手が見つかるまでどのくらい時間がかかるかわからないことです。

不用品回収業者に依頼する方法のメリットは、どの方法よりも早く簡単に手放せることで、デメリットは処分費用がほかの方法よりも高いことです。

どの方法にもメリットだけでなくデメリットが存在しています。

適当に選んで後で後悔することのないよう慎重に決めましょう。

物干し竿を早く処分するには

物干し竿をとにかく早く処分できる方法は、「不用品回収業者へ依頼する方法」です。

粗大ごみとして回収に出す方法や、フリマアプリに出品する方法では平均1週間以上の時間がかかってしまうのに対して、不用品回収業者へ依頼する方法では最短1日で物干し竿を処分することができます。

業者にもよりますが、処分スピードの速さを売りにしている不用品回収業者は多いため、どこの地域にお住まいの方でも業者選び次第では、最短1日で処分可能です。

とにかく急いでいるという方は、近隣の不用品回収業者に対応可能日のお問い合わせをしてみましょう。

大掃除のシーズンは多くの利用者がいるため、1日で処分することは難しいので注意してください。

【まとめ】物干し竿のおすすめ処分方法5選!

【まとめ】物干し竿のおすすめ処分方法5選!

本記事では、物干し竿のおすすめ処分方法を5つ紹介しました。

いかがだったでしょうか?

処分の際に安さを重視するのであれば、不燃ごみとして処分する方法・買い替え時の回収サービスの利用がおすすめで、処分までのスピードを重視するのであれば、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

処分のための方法は複数あるため、自分に合った方法を選択するようにしてください。

本記事が物干し竿の捨て方がわからず困っているという方のお役に立てれば幸いです。

EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
不用品回収
不用品回収