オイルヒーターの処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

オイルヒーターの処分方法7選!デロンギ・ヤマダ電機で捨てられる?

オイルヒーターの処分方法7選!デロンギ・ヤマダ電機で捨てられる?

自然な温かさで室内を温められることから根強い人気があるオイルヒーター。

いらなくなった際に、捨て方がわからず困っているという方も多いのではないでしょうか?

本記事では、オイルヒーターのおすすめの処分方法7選を紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 処分に出す前にやるべきことは「付属品を揃える」「汚れを拭く」「早く手放す」
  • オイルヒーターの寿命は10年前後
  • すぐに手放したいなら不用品回収業者の利用がベスト

0120-961-609 
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

オイルヒーターの処分方法7選を紹介!

オイルヒーターの処分方法7選を紹介!

オイルヒーターの処分方法を紹介します。

処分におすすめの方法は、下記の通りです。

オイルヒーターの処分方法7選
  • 粗大ごみとして処分する
  • 買取業者へ売却する
  • メーカーで処分する
  • 不用品回収業者へ売却する
  • フリマアプリで販売する
  • 知人に譲渡する
  • ホームセンターで引き取ってもらう

粗大ごみとして捨てるしかないと勘違いされている方もいますが、粗大ごみとして捨てる以外にも処分方法は複数あります。

下記からは、それぞれの処分方法について詳しく紹介していきます。

オイルヒーターの処分方法①粗大ゴミとして処分

おすすめのオイルヒーターの処分方法1つ目は、「粗大ごみとして処分する方法」です。

粗大ごみとして処分する方法が最も一般的なため、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

オイルヒーターは大型の家電のため、燃えるゴミのように自治体の回収に出す場合は、粗大ごみに分類されます。

自分で予約をしたり、指定の回収場所まで運ばなければいけないという手間がありますが、他の処分方法に比べて安く処分できるため、処分にできる限りお金を掛けたくないと考えている方に最適です。

オイルヒーターを粗大ごみとして出す場合の費用の相場は、500円から1,000円程度です。

事前の予約が必須で、回収可能な日にちが毎週何曜日と決まっているため、急ぎで処分を考えている方には向いていません。

オイルヒーターの処分方法②買取り業者へ売却する

おすすめのオイルヒーターの処分方法2つ目は、「買取り業者へ売却する方法」です。

もしも手放そうと考えているオイルヒーターの状態が良く、まだまだ暖房器具として動くのであれば、お金を支払って処分する以外にも、買取をしてもらうことで手放すという選択肢もあります。

オイルヒーターは暖房器具のため販売価格が安くありません。

そのため、買取価格もそれなりの値段で買い取ってもらえることができます。

有名ブランドの品や購入からあまり時間が経っていない物だと高額買取の可能性もあります。

できることなら処分にお金を掛けたくない人、お金になるならお金に換えたいと考えている人は買取業者へ売却する方法を検討してみましょう。

オイルヒーターの処分方法③デロンギなどメーカーで処分する

おすすめのオイルヒーターの処分方法3つ目は、「メーカーで処分する方法」です。

例えば、デロンギのオイルヒーターは購入したメーカーに連絡することで回収・処分してもらうことができます。

メーカーで処分をすることのメリットは、自分の予定に合わせて処分依頼が行えることです。

自治体の回収と違って、メーカーの処分ではある程度予定に融通が利きます。

デロンギのオイルヒーター回収
  • 対象製品はデロンギの製品のみ
  • 送料は自己負担
  • 製品が入っていた箱を使用または箱を用意する
  • 配送先:〒319-1231 茨城県日立市留町1048
  • 宛名:株式会社近鉄ロジスティクス・システムズ気付 デロンギ・ジャパン株式会社
  • 電話:0120-804-280
  • オイルヒーターの回収について

忙しくてあまり時間に余裕がないという方は、メーカーで処分する方法がおすすめです。

なお、すべてのメーカーで回収・処分に対応しているというわけではなく、一部のメーカーでは対応していないケースもあります。

メーカーを利用して処分をする際は、あらかじめメーカーのホームページやお客様センターから対応の有無を確認してください。

オイルヒーターの処分方法④不用品回収業者へ依頼する

おすすめのオイルヒーターの処分方法4つ目は、「不用品回収業者へ依頼する方法」です。

不用品回収業者とは、各家庭から発生した使わなくなった家具やいらなくなった家電の回収を有料で行っている業者です。

電話やお問い合わせフォームから簡単に依頼することができ、依頼後はすぐに回収に来てもらえるため、とにかく処分を急いでいるという方におすすめです。

業者によっては、依頼をしたその日に回収に来てもらうこともできます。

回収費用の相場は1,000円から3,000円程度と、ほかの処分方法に比べて高くなっていますが、他の処分方法よりも圧倒的に早く処分することができ、オイルヒーターを持ち運ぶ手間も一切ないため女性などの力に自信がない方にもおすすめです。

オイルヒーターの処分方法⑤フリマアプリで販売する

おすすめのオイルヒーターの処分方法5つ目は、「フリマアプリで販売する方法」です。

オイルヒーターの状態が良く、まだまだ暖房器具として動く状態であれば、お金を支払って処分に出さなくてもフリマアプリで販売することで手放すという選択肢もあります。

フリマアプリとは、個人間でいらなくなった物や使わない物の売買が行えるアプリです。

パソコンかスマートフォンをお持ちであれば、だれでも無料で使わなくなった物を出品することができます。

数分程度で出品することができ、買い手が見つかれば処分費用をプラスにできるため、できることならお金を掛けずに処分したいと考えている人におすすめです。

なおフリマアプリは出品までは無料のケースがほとんどですが、出品した物が売れた際には販売手数料と送料がかかるので、利用の際は売り上げがすべてもらえるわけではないことを頭に入れておきましょう。

オイルヒーターの処分方法⑥知人に譲渡する

おすすめのオイルヒーターの処分方法6つ目は、「知人に譲渡する方法」です。

もしも知人に暖房器具を欲しがっている方がいるなら、お金を払って処分しなくても譲ることで手放すことができます。

オイルヒーターはもともとの販売価格が1万円以上と高い傾向にあるため、欲しがっている人にプレゼントしたら喜ばれることは間違いありません。

赤ちゃんがいる家庭や子供がいる家庭では特に需要があります。

知人に赤ちゃんを産んだばかりの人がいる場合や、小さな子供を育てている人がいる場合は、優先的に必要としていないか聞いてみましょう。

必要としていない人に無理やり押し付ける行為は関係を悪化させてしまう原因になるため、絶対にしないようにしてください。

オイルヒーターの処分方法⑦ホームセンターで引き取ってもらう

おすすめのオイルヒーターの処分方法7つ目は、「ホームセンターで引き取ってもらう方法」です。

あまり知られていませんが、ホームセンターでもいらなくなった家電の引き取りサービスに対応しているお店があります。

下取りと無料の引き取りをしているお店があるので、近隣にホームセンターがある方は引き取りサービスの有無を確認してみましょう。

自分のタイミングで引き取りに出せるため、忙しい人や処分を急いでいるという人におすすめです。

オイルヒーターの処分費用はいくら?

お客様
お客様
オイルヒーターの処分はいくらかかる?新しいものを買うから、費用をかけたくない!

オイルヒーターは一般的な家庭ごみとして捨てられないので、有料で処分しなければいけない地域が多いです。しかし、処分するのに費用をかけたくない方も多いでしょう。

そこで、処分方法ごとに費用をまとめました。

処分方法 処分費用
粗大ごみとして処分する 500円〜1,000円
買取業者へ売却する 無料
メーカーで処分する 3,000円〜6,000円
不用品回収業者へ売却する 3,000円〜(業者による)
フリマアプリで販売する 手数料(販売価格の約10%)
知人に譲渡する 無料
ホームセンターで引き取ってもらう 無料〜4,000円程度(業者による)

処分費用を安く抑えたい方は、買取や知り合いへの譲渡がおすすめです。しかし、壊れている製品は売れないので他の方法で処分しましょう。

なるべく早くオイルヒーターを処分したい方は、不用品回収業者の利用をご検討ください。

オイルヒーターの寿命について解説

オイルヒーターの寿命について解説

手放すか考える際には、やはり寿命が気になるのではないでしょうか?

一般的にオイルヒーターの寿命は、10年前後と言われています。

他の暖房器具に比べて壊れづらく、長く使い続けられる傾向にあります。

家電のため使用中のオイルヒーターのメーカーや使い方によっては、10年以上使っていくこともできますが、寿命を超えた家電は使い続けることで発火やけがをする恐れがあります。

長く使い続け愛着がわいている物であれば、手放したくないと感じるかもしれませんが、自分が目を離している時にコンセントなどから発火してしまうと火事になる可能性が高いです。

寿命を超えたら仮に正常に動作していたとしても早めに買い替えを考えることがおすすめです。

オイルヒーターが故障する原因

オイルヒーターが故障する原因

オイルヒーターが故障する原因は大きく分けて下記の3つです。

故障する原因
  • 内部のオイルの漏れ
  • 電気コードの断線
  • 内部基盤の故障

一部のメーカーでは、故障してしまったオイルヒーターの修理依頼を受け付けています。

お金はかかってしまいますが、新品を新たに購入し直すよりは安く済むため、故障してしまった際はメーカーで修理してもらえないか確認することがおすすめです。

オイルヒーターに濡れた洗濯物を直接乗せることで洗濯物を乾かそうとされる方がよくいますが、メーカーが推奨していない使い方をすることも故障の原因や寿命を縮めることにつながります。

長く使い続けたい方は説明書をよく読み、推奨されていない使い方を避けるようにしてください。

オイルヒーターの処分前にやっておきたいこと

オイルヒーターの処分前にやっておきたいこと

オイルヒーターの処分前にやっておきたいことは、下記の通りです。

処分前にやっておきたいこと
  • 購入時についていた付属品を揃える
  • 表面の汚れやほこりを落とす
  • できるだけ早く買取に出す

自治体の回収に出すなどの捨てる処分をする際は忘れてしまっても問題ありませんが、フリマアプリへ出品する場合や買取業者へ依頼する場合などの売却形式でオイルヒーターを手放す際には、上記の3つを忘れてしまうと大きく買取金額が下がり損することになってしまいます。

購入時についていた付属品を買取に出し忘れてしまったとしても、あとから再度査定してもらうことはできないので事前にしっかり確認し、忘れずに査定に出すようにしましょう。

また、簡単に落ちる程度の汚れであれば、事前にきれいにしてから査定に出すことがおすすめです。

残ったオイルを廃棄する手順

残ったオイルを廃棄する手順

お住まいの地域によっては、内部に入っているオイルを全て出した後でないと回収に出すことができません。

オイルヒーターには、基本的にオイルを取り出すための穴などが用意されていないため、抜きたい場合は自力で穴をあける必要があります。

用意するものは、電動ドリルです。

電動ドリルが用意できたら、ヒーターのコンセントを抜いた状態で1日おいておきましょう。

配線や操作パネルなどのねじ止めされている物を全て外すことができたら準備完了です。

準備までができたら後はヒーターの外側から電動ドリルで穴をあけ内部のオイルを出すだけです。

電動ドリルを使った作業はとても危険なため、慣れていない方にはおすすめできません。

作業する際は、けがや事故に十分気を付けて作業を進めてください。

オイルヒーターはヤマダ電機やケーズデンキで処分できる?

オイルヒーターはヤマダ電機やケーズデンキで処分できる?

家電量販店でオイルヒーターの回収を受け付けているところもあります。お近くの店舗に持ち込めば都合の良い日に簡単に処分できます。

お住まいの地域によって処分ルールが異なるため、事前にお店に確認するようにしましょう。

ヤマダ電機でオイルヒーターを処分

ヤマダ電機には段ボール1箱1,650円で回収してくれる小型家電回収サービスがあります。店舗に持ち込むと曜日に関わらず回収してくれます。

ただし、オイルヒーターは内部にオイルが含まれているため、地域によっては回収してもらえません。

持ち込む前にお近くのヤマダ電機にご確認ください。
 

※小型家電リサイクル法の対象品に限ります。※灯油を使用した石油ファンヒーター・石油ストーブなどは対象外となります。引用:ヤマダ電機公式サイト

ケーズデンキでオイルヒーターを処分

ケーズデンキでは1,100円〜2,200円でオイルヒーターを回収してくれます。オイルヒーターのサイズによって金額が変わります。

自宅まで回収に来てもらうことも可能ですが、別途出張料金がかかるので気をつけてください。

エディオンでオイルヒーターを処分

エディオンでは2,200円でオイルヒーターを処分できます。縦+横+高さの合計が150cm以下で重さが20kg以下のものと指定されています。

家電の引き取りはフランチャイズ店舗で行っていません。持ち込みをする前に公式サイトで確認しておきましょう。

エディオンの店舗を検索する

オイルヒーターの処分は日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター

オイルヒーターの処分は日本不用品回収センターにお任せください!日本不用品回収センターは関東や関西を中心にサービスを提供しています。

24時間365日対応でご予約状況によっては当日の回収も可能です。不用品の回収以外に買取も対応しているので、年式の新しい家電は積極的に買取させていただきます。

WEB割をご利用いただくとさらにお得です。相談やお見積もりは無料で受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

日本不用品回収センターの特徴
  • 24時間365日受付で早朝や夜間もOK
  • 最短30分で到着
  • WEB割キャンペーン実施中

自分でオイルヒーターを捨てるときの疑問を解決!

自分でオイルヒーターを捨てるときの疑問を解決!

オイルヒーターの処分費用や方法にお悩みの方に向けて、よくある質問をまとめました。

よくある質問
  • オイルヒーターのオイルは抜くべき?
  • オイルヒーターは持ち込みで処分できる?
  • オイルヒーターの自治体での処分相場について
  • オイルヒーターを高く売るためのコツ

オイルヒーターのオイルは抜くべき?

オイルヒーターという名前から内部にオイルが含まれていることは想像できますが、処分の際はオイルを自力で抜いてから捨てるべきなのでしょうか?

結論から書くと、基本的にオイルヒーターを粗大ごみとして捨てる際は、オイルを抜く必要はありません。

ほとんどのオイルヒーターでは、オイルを抜くための穴などが用意されておらず、抜き取ろうと考えた場合、外側から電動ドリルなどで穴をあける必要があります。

無理に抜こうとするとケガをする恐れがあるため、抜かなければいけない時以外は無理にオイルを抜き取ることはやめましょう。

基本的にはオイルを抜いてから出すように要求されることはありませんが、一部の地域ではオイルを抜かなければいけないルールになっているので、粗大ごみとして捨てる際は、自治体のホームページから処分方法を確認しましょう。

オイルヒーターは持ち込みで処分できる?

オイルヒーターは粗大ごみとして回収に出すだけでなく、地域のごみ処理施設に持ち込むことでも処分できます。

地域のごみ処理施設では、事前の予約が必要ですが戸別回収とは違い毎日持ち込みを受け付けているため、とにかく処分を急いでいるという方は、持ち込みを利用することがおすすめです。

持ち込みの際の細かいルールや料金は、自治体によって異なっているため、持ち込みを行う際は事前に自治体のホームページから確認するようにしましょう。

地域によっては、オイルヒーターなどの粗大ごみの持ち込みは受け付けていないケースもあります。

土日に混雑する傾向があるため、余裕がある方は平日に持ち込みを行うことがおすすめです。

オイルヒーターの自治体での処分相場について

オイルヒーターの回収を自治体に依頼した場合の処分費用の相場は、おおよそ300円から1,000円程度です。

下記に地域ごとの回収費用を記載しておくので、処分方法を検討する際の参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • 福岡県 300円
  • 東京都 800円
  • 大阪府 200円(オイルを抜き取ったもののみ)
  • 神奈川県 200円
  • 千葉県 390円
  • 埼玉県 1,000円

上記で紹介した地域内であっても、お住まいの市区町村、オイルヒーターのサイズ・重さによっては料金が違っていることがあります。

自治体の回収を利用する際は、必ず事前にお住まいの市区町村の自治体ホームページを確認するようにしてください。

オイルヒーターを高く売るためのコツ

オイルヒーターは、下記の点に注意しておくと高く売れる確率が上がります。

オイルヒーターを高く売るためのコツ
  • 付属品を揃えて買取に出す
  • 汚れやほこりは落とす
  • 使わなくなったらできるだけ早く買取に出す

買取の査定時には、購入時に付属していたパーツがどのくらい揃っているのか、汚れがひどくないか、どの程度古いタイプなのかという3つの点が見られています。

そのため、付属のパーツが1つでも欠けていたり、表面に汚れが付着していたり、古すぎるタイプのオイルヒーターだったりすると買取価格が減額されてしまいます。

布巾で擦れば落ちる程度の汚れの場合はできるだけ落とし、付属品が押し入れなどに仕舞いっぱなしになっていないか確認してから買取に出すようにしましょう。

また、時間が経てば経つほど新しい製品が発売され古いタイプの価値が下がっていってしまうため、できる限りもう使わないなと感じたタイミングで早めに手放すことがおすすめです。


WEB割引 WEB割引

【まとめ】オイルヒーターの処分方法7選を紹介!

【まとめ】オイルヒーターの処分方法7選を紹介!

本記事ではオイルヒーターの処分方法7選を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

状態の良い物を手放す際は、フリマアプリや買取業者を利用して売却する方法がおすすめで、状態の悪いものや壊れている物を手放す際は、不用品回収業者へ依頼する方法、粗大ごみ出す方法がおすすめです。

処分方法は1つではないため、自分に合った方法を選択して処分するようにしてください。

本記事がオイルヒーターの捨て方がわからず困っているという方お役に立てれば幸いです。

オイルヒーターの処分方法まとめ
  • 自治体の粗大ゴミに出す
  • メーカーに回収してもらう
  • 買取業者へ売却する
  • ホームセンターに引き取ってもらう
  • フリマアプリに出す
  • 知人に譲渡する
  • 不用品回収業者に依頼する
日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都練馬区練馬1-6-1

代表者名:須田翔太

古物証許可:第305572007470号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

↑