の処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

パソコンを処分する7つの方法!一般ごみでは捨てられない?どこに持って行けばいい?

パソコンを処分する7つの方法!一般ごみでは捨てられない?どこに持って行けばいい?

パソコンの平均使用期間は5~7年と言われていますが、なかには10年以上使用する方もいらっしゃいます。
買い替える頻度もさほど多くないため、いざ捨てるとなった時に「処分方法がわからない」といった方も多いのではないでしょうか?
自治体でごみとして収集してくれないため、お困りになることもあると思います。
この記事では、パソコンの処分方法を7つに分けて解説いたしますので、是非参考にしてください。

 

この記事を読んでわかること
  • パソコンを処分する7つの方法!
  • 自治体の回収ボックスを活用する
  • パソコンの処分にかかる費用は?
  • パソコンの処分に関するよくある質問

パソコンを処分する7つの方法!

パソコンを処分する方法
不要になったものを処分したいと考えた時、通常であればゴミの日に出すことになりますが、パソコンはリサイクルが推奨されている製品のため気軽に捨てることができません。
処分方法を7つに分けてご紹介いたしますので、状況に合わせて選択してください。

自治体の小型家電回収ボックスを活用する

各自治体に設置されている「小型家電回収ボックス」に入れることになります。
無料で処分できますが回収ボックスのため、大きいものは入れられないといったデメリットもあります。
設置されていない自治体も多いので、その場合は他の処分方法で処分してください。

 

自治体の回収ボックスを活用するメリット・デメリット
【メリット】
無料で処分できる
手間が少ない
【デメリット】
自治体によっては設置されていない
サイズによっては入れられない

家電量販店での回収

家電量販店では「小型家電回収サービス」を行っており、パソコンなど特にリサイクルが推奨されているものに関しては無料で回収してもらえます。
宅配リサイクルを利用する場合は、送料と手数料がかかりますが、その他不要な小型家電も一緒に回収してもらうことができます。

 

家電量販店で回収してもらうメリット・デメリット
【メリット】
無料回収
手間がかからない
宅配リサイクルを利用する場合はその他小型家電も処分できる
【デメリット】
持ち込みが必要(宅配の場合は手数料・送料が必要)

無料回収サービスを利用する

パソコンの処分に関しては、無料で回収を行っている業者があります。
基本的にはノート型、デスクトップ型問わず、故障しているものやかなり古いものなどどんな状態のものでも無料で引き取ってもらうことができます。
 
リネットジャパン国の認可を受けてパソコンの回収をしており、自治体の行政とも連携した行政サービスです。
パソコンのデータ消去に関しては自身で消去する方法と消去をお任せする方法が選べます。
お任せの場合消去証明書が発行され、自身で消去する場合も消去ソフトを用意してもらえます。
 
町中を巡っているトラックや、空き地で回収を行っているような業者はほとんどが無許可の業者です。
「無料でパソコン回収」を謳っている業者の中には、悪質な業者も多いのでご注意ください。

 

無料回収サービスを利用するメリット・デメリット
【メリット】
無料で回収してもらえる
【デメリット】
申し込み等手続きが必要
悪質な業者がある

製造メーカーに依頼する

製造メーカーでもパソコンの処分について対応してもらえます。
ご自身が使用しているパソコンの製造メーカーに処分を申し込み、データの削除を行ってから発送します。
 
PCリサイクルマークがあるものであれば無料で処分してもらえますが、リサイクルマークがないパソコンであれば処分費用がかかります。
メーカーがパソコンを事業撤退していたり、倒産しているばあは対応してもらえませんのでご注意ください。

 

製造メーカーに依頼するメリット・デメリット
【メリット】
無料で回収してもらえる
【デメリット】
リサイクルマークがない場合は有料での回収
事業撤退や倒産している場合は引き取り不可

フリマアプリを利用して売却する

メルカリラクマなどフリマアプリ、もしくはネットオークションを活用して売却することも可能です。
部品だけが欲しいという方もいらっしゃいますので、故障して正常に作動しない物でも売却することができます。
その際は『ジャンク品』であることを明記しましょう。
 
他者にパソコンを渡す場合、データの削除が必要です。
初期化しただけではデータを完全に削除したとは言えませんので、消去ソフトを使用しましょう。

 

フリマアプリを利用するメリット・デメリット
【メリット】
売れれば収入になる
故障したものでも売れる場合がある
【デメリット】
出品や交渉、梱包など手間がかかる

パソコン買取業者で売却する

まだ使用できる不用品を売却したいと考えた時は、リサイクルショップに持ち込むことが多いと思いますが、パソコンの場合は専門の買取業者が多数あります。
比較的新しいものや最新のOSが搭載されているもの、人気のメーカーのものは高価買取が期待できます。
使用できない状態のものも部品のみ使用するために買い取ってくれることがありますので、相談してみましょう。
 
持ち込みの場合であればその場で換金してもらうことができるので、直ぐにお金に換えたい時は持ち込みがおすすめです。
持って行くのが難しければ、出張買取宅配買取などを利用しましょう。

 

パソコン買取業者で売却するメリット・デメリット
【メリット】
売れれば収入になる
持ち込みの場合は即日換金
出張買取や宅配買取など便利なサービスがある店舗もある
【デメリット】
新しいものや人気のメーカーでないとあまり値段が付かない

不用品回収業者での回収

お近くに回収ボックスや家電量販店がない場合、処分費用はかかりますが不用品回収業者に依頼する方法もあります。
「サイズが大きくてボックスに入れられない」「梱包するのが難しい」と何かと悩みが多いパソコンの処分ですが、不用品回収業者であればどんなパソコンも自宅まで引き取りに来てくれます。
問い合わせた当日に回収にきてくれるところも多く、急いでいる時にも安心です。
深夜や早朝の回収に応じてくれる業者もありますので、「忙しくてなかなか処分できない」という方にもおすすめです。
他にも処分に困っているものがあれば、まとめて引き取ってもらいましょう。

【悪徳業者にご注意ください】

不用品回収業者にも悪徳業者と呼ばれる悪質な業者があります。
トラブルに巻き込まれる恐れもありますので、許可を得て運営している業者かどうかしっかり確認しましょう。
許可を得て運営している業者は「一般廃棄物処理業許可」「古物商許可」のいずれかを取得しており、ホームページで確認することができます。

 

不用品回収業者での回収してもらうメリット・デメリット
【メリット】
どんなパソコンでも引き取ってもらえる
自宅まで回収に来てもらえる
他に不用品があればまとめて処分できる
【デメリット】
費用がかかる
一部悪質な業者がある

パソコンの処分にかかる費用は?

パソコンの処分にかかる費用は?
 
回収ボックスや回収業者に依頼する場合など、無料で処分する方法もありますが、手数料などがかかる方法も中にはあります。
その場合どのくらいの費用がかかるのか、費用の相場をご紹介いたします。

家電量販店での回収

引取りでの対応であれば、無料で回収してもらうことができます。
ほとんどの家電量販店では宅配での回収サービスも行っています。
ダンボール1箱に入れば何点でも同一料金、というサービスですので、他にも処分したい小型家電があれば活用できます。
壊れて使用できない状態の家電も入れることができます。

 

小型家電の宅配リサイクル料金(2022年10月現在)
ヨドバシカメラ 1,950円 ※ダンボールの用意が必要
箱のサイズは3辺合計160㎝、重さは30㎏以内
ビッグカメラ 1,958円 梱包した状態で3辺合計160㎝、重さは30㎏以内
テレビとしてカタログに記載されるモニターは回収不可
ジョーシン 1,958円(WEB会員価格) 3辺の合計が160cm・重量30kg

製造メーカーに依頼する

製造メーカーに依頼する場合、PCリサイクルマークがあるものは無料で処分してもらえますが、ない場合は有料となります。
かかる費用の目安は下記の通りです。

 

製造メーカーでの処分費用(2022年10月現在)
デスクトップ型(本体) 3,300円
ノート型 3,300円
液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型 3,300円
ブラウン管ディスプレイ・ブラウン管ディスプレイ一体型 4,400円

不用品回収業者での回収

不用品回収業者でパソコンを処分する場合の費用の相場は、1,000~2,000円ほどです。
業者の中にはカゴ車載せ放題など少量の定額サービスを設けている業者もあります。
小型の家電や家具であれば利用できますので、他にも処分したいものがあれば非常に便利です。
少量の定額パックは5,000~10,000円が費用の相場となっています。
 

パソコンの処分なら日本不用品回収センターにお任せください

不用品の回収は日本不用品回収センターへ
 
パソコンの処分をお考えなら、是非日本不用品回収センターにお任せください!
忙しい方にもご利用いただけるよう、早朝や深夜の時間帯の回収についてもご相談に応じております。
最短30分でお伺いするため、急いでいる方もご利用もお待ちしております!
 
パソコンのみご依頼ももちろんOKですが、大量の不用品回収にも対応しておりますので他にも不用品があれば是非お任せください!
無料見積もりサービスも行っておりますので、まずはお気軽にお問合せください。
 

>>日本不用品回収センターの料金プランへ

 

日本不用品回収センターの特徴
  • 出張費0円・無料見積もり
  • 24時間いつでも電話対応可
  • 最短30分で駆けつけ
  • 料金は安心の定額パック制
  • WEB割引の利用でさらにお得に

パソコンの処分に関するよくある質問

パソコンの処分に関するよくある質問
パソコンを処分する時によくある疑問質問をまとめました。
処分方法についてお困りごとがあれば参考にしてください。

 

パソコンの処分に関するよくある質問
  • パソコンを処分する時ってデータの削除は必要なの?
  • パソコンはヤマダ電機やケーズデンキなど家電量販店で処分してもらえる?
  • パソコンを無料で処分する方法は?

パソコンを処分する時ってデータの削除は必要なの?

初期化するだけではデータを完全に削除したとは言えませんので、消去ソフトを利用してデータを完全に削除する必要があります。
回収ボックスに入れる場合もですが、売却する場合は必ず消去ソフトを利用してデータを処分しましょう。
 
パソコンのデータを消去するソフトは2,000~4,000円ほどで販売されています。

パソコンはヤマダ電機やケーズデンキなど家電量販店で処分してもらえる?

家電量販店では小型家電リサイクルを行っており、パソコンであれば無料で引き取ってもらうことができます。
送料はかかってしまいますが、宅配によるリサイクルサービスを利用する方法もあります。

パソコンを無料で処分する方法は?

自治体に設置されているリサイクルボックスに入れる方法であれば、無料で処分することができます。
家電量販店でも無料回収を行っていますので、お近くに家電量販店があれば利用しましょう。
無料回収サービスを行っている業者もありますので、そういったものを利用するのもおすすめです。
業者の中には悪質な業者も紛れているため、許可を得て運営しているところに依頼するようにしてください。


WEB割引 WEB割引

まとめ|パソコンを処分する方法

パソコンはリサイクルが特に推奨されているため、自治体の燃えるゴミや大型ゴミで捨てることができません。
自治体の回収ボックスに入れる、もしくは家電量販店無料回収サービスを行っている業者に依頼しましょう。
パソコンの無料回収を謳っている業者の中には、悪質な業者もあるため許可を得て運営しているかどうか確認してから依頼してください。
 
急いでいる方や他にも処分したい不用品がある方は、不用品回収業者に引き取ってもらうのもおすすめです。
 

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
不用品回収
不用品回収