ピアノの処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

ピアノを処分する5つの方法!無料で引き取ってもらえる?

ピアノを処分する5つの方法!無料で引き取ってもらえる?

「長らくピアノを弾いていない」という方はいらっしゃいませんか?とりあえずリビングの一角に置いてあるけれど「できるならピアノを処分したい」と考えている方も意外と多いものです。
そこでこの記事では、「自分では運べない」「どうやって処分すればいいのかわからない」という悩みを解決するために、ピアノの処分方法についてご紹介いたします。
5つの処分方法やそれぞれ処分にかかる費用なども解説いたしますので、参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
  • ピアノを処分する5つの方法
  • ピアノの処分にかかる費用
  • ピアノの処分に関するよくある質問

0120-961-609 
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

【種類別】ピアノの処分方法!グランドピアノや電子ピアノの捨て方は?

お客様
お客様
ピアノの捨て方は種類によって違う?一番簡単な捨て方が知りたい…

ここではピアノの種類とおすすめの処分方法をご紹介します。ピアノの種類によっては、自治体のゴミとして処分できない場合もあるので、必ず確認しておきましょう。

ピアノの処分方法
  • グランドピアノの処分方法
  • アップライトピアノの処分方法
  • 電子ピアノの処分方法

グランドピアノの処分方法

グランドピアノは重量があり処分が難しいため、自治体で回収していない地域も多いです。そのため、買取業者や不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。
 
グランドピアノとは学校やコンサートで使用されるようなピアノで、重量は250kg〜400kgほどあります。ご自身で運び出すのは困難なので、業者に依頼しましょう。
 
グランドピアノは定価で100万円以上するため、長年使用していても買取できるケースも少なくありません。時間に余裕があれば複数社に査定してもらい、買取額が高い会社を利用しましょう。

アップライトピアノの処分方法

アップライトピアノもグランドピアノ同様、自治体で処分できないことが多いです。重量もあるので、買取業者や不用品回収業者に依頼しましょう。
 
業者を利用するときは、適当に決めるのではなく複数社を比較するようにすると失敗することが少なくなります。アップライトピアノは一般的な家庭で使用されることが多いピアノです。中古需要があるので、数万円で買い取ってもらえることもあります。

電子ピアノの処分方法

電子ピアノは自治体の粗大ゴミとして処分できる場合が多いです。粗大ゴミに出せば、数百円から数千円で捨てられます。粗大ゴミに出すときは、乾電池を取り出しましょう。

 
ただし、お住まいの地域によっては電子ピアノの処分に対応していないので、事前に自治体のサイトをご確認ください。

 
人気のメーカーの電子ピアノは、買取してもらえるかもしれません。時間をかけてでも費用を安く済ませたい方は、買取査定を依頼してみましょう。

ピアノを処分する5つの方法!

ピアノを処分する方法
不要となったピアノを処分する方法について、5つの方法を解説していきます。
ピアノの種類別の処分方法についても合わせてご紹介いたします。

ピアノを処分する5つの方法!
  • 自治体の戸別収集で粗大ゴミに出す
  • ピアノ買取業者に買い取りを依頼する
  • フリマアプリやネットオークションを利用する
  • 施設にピアノを寄付する
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体の戸別収集で粗大ゴミに出す

大型のものを処分する場合、比較的コストがかからないのが自治体による収集ですが、アップライトピアノやグランドピアノは対象外となるところがほとんどです。
電子ピアノに限り比較的多くの自治体で対応していますので、ピアノの処分を考えている場合はお住いの自治体のホームページを確認してみてください。
 
回収依頼をしてから収取日まで1週間ほど時間がかかりますが、比較的費用は安くすみます。
引っ越しシーズンや年末年始などは回収まで1ヶ月以上かかることもありますので、スケジュールに余裕をもって回収の申し込みをしましょう。

 

    【自治体に大型ゴミとして捨てられるピアノ】
    ・電子ピアノ
    (アップライトピアノやグランドピアノはほとんどの自治体で回収不可)

ピアノ買取業者に買い取りを依頼する

ピアノの処分を考えた際に一番確実な方法が、ピアノ買取業者への依頼です。売却することができれば、収入にもつながります。
カワイやヤマハなど人気メーカーのアップライトピアノであれば10~30万円で引き取ってもらえることもありますので、まずは査定を依頼するのがおすすめです。
 
業者によって買い取りたいピアノのブランドが異なり、海外メーカーは取り扱いがない業者もあります。
はじめに依頼した業者に買い取りを断られたとしても、他社で買い取ってもらえる可能性は十分にありますので、複数の業者に査定を依頼するようにしましょう。
 
多くの業者で出張査定を利用できますので、運び出しが難しい場合は出張査定を依頼してください。
買取不可場合も、一部の業者では無料で引き取ってくれることがあります。

主なピアノ買取業者
  • タケモトピアノ
  • ヤマハピアノサービス
  • 伸和ピアノ
  • ぴあの屋ドットコム
  • 富士楽器

 

    【ピアノ買取業者の査定対象となるピアノ】
    ・電子ピアノ(一部の買取業者では取り扱い不可)
    ・アップライトピアノ
    ・グランドピアノ

参考:電子ピアノの買取おすすめ業者8選

ピアノ買取業者による査定の相場は?

ピアノ買取業者に依頼した場合、査定額はどの程度になるのでしょうか?ピアノの状態やメーカーによっても異なりますが、目安として参考にしてみてください。
ピアノの査定を行う時は、ピアノの型番や製造番号などを控えておくとスムーズに査定してもらえます。
買取業者によって買い取りたいピアノのメーカーが違うことがありますので、2~3社に査定を依頼するのがおすすめです。

 

    【買取査定に必要な情報】
    ピアノのメーカー
    型番
    製造番号
    ペダルの本数
    ※上記の情報をあらかじめ伝えておくと、査定がスムーズです。
ヤマハのアップライトピアノの買い取り価格の目安
2000年代以降に購入したピアノ 20~40万円
1990~2000年に購入したピアノ 10~20万円
1980~1990年に購入したピアノ 5~15万円
1970年以前に購入したピアノ 0~5万円

※故障しているもの、傷が多く状態が悪いものなどは買い取り対象外となる可能性があります。

フリマアプリやネットオークションを利用する

直ぐに処分する必要がない場合は、フリマアプリやネットオークションで買い手を探す方法もあります。
価格についてもある程度こちらの自由に設定することができます。
電子ピアノなど比較的軽量な物であれば、フリマアプリなどでも買い手が付きやすいためおすすめです。
購入者に送料を負担してもらう場合は、その旨を商品ページへしっかりと記載しておきましょう。

 

    【プリマアプリやネットオークションで売却できるピアノ】
    ・電子ピアノ
    ・アップライトピアノ
    (グランドピアノはほとんど取引実績なし)

施設にピアノを寄付する

必要としている施設に寄付するというのも、ピアノを手放す方法のひとつです。
思い入れのあるピアノであれば、必要としている方に使ってもらえるのが嬉しいですよね。
寄付の場合は運搬費用が自己負担となることが多いので、事前に確認しておきましょう。
ジモティーなど地域密着型の不用品譲渡サービスを利用すれば、無料でピアノを引き取ってくれる相手を探すことができます。

 

    【寄付できるピアノ】
    ・アップライトピアノ
    ・グランドピアノ
    (基本的に電子ピアノは対象外となります)

不用品回収業者に依頼する

自身で運び出しもできず、買い取りしてもらえないような状態であれば、不用品回収業者に依頼しましょう。
不用品回収業者であれば、急ぎでの処分にも対応してもらえます。
ピアノ以外の不用品も一緒に処分してもらうことが可能です。

 

    【不用品回収業者に処分してもらえるピアノ】
    ・電子ピアノ
    ・アップライトピアノ
    ・グランドピアノ

悪徳な不用品回収業者に注意!

数ある不用品回収業者の中には、悪徳業者と呼ばれる業者が潜んでいることがあります。
費用が安いからと依頼してしまうと、後から法外な料金を請求されるケースがありますので注意してください。
自治体から許可を取り運営している業者は「古物商許可」もしくは「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しています。
不用品回収業者を選ぶ際には、「古物商許可」または「一般廃棄物収集運搬許可」を得ているかどうか確認しておくことが大切です。

ピアノの処分にかかる費用はいくら?処分方法別に解説!

ピアノの処分費用

施設に寄付する場合でも、引き取り自体は無料となりますが運搬費用は自己負担となるケースがあります。
そのような場合にかかる運搬費用や、売却先や引き取り手が見つからず破棄する場合にかかる費用をご紹介いたします。

自治体の戸別収集で粗大ゴミに出すときの処分費用

ほとんどの自治体では、アップライトピアノグランドピアノ回収は対応していません。
電子ピアノであれば、大型ごみとして回収してくれる自治体がほとんどです。
自治体によって処分にかかる手数料は異なりますので、お住いの自治体のホームページで確認してみてください。

 

    【東京都練馬区の手数料】
    アップライトピアノ・グランドピアノは回収不可
    電子ピアノ(卓上のもの):400円
    電子ピアノ(足つきのもの):2,000円 ※椅子を除く

東京都練馬区では大型ごみを出す際に「収集」と「持ち込み」を選ぶことができ、持ち込みの場合は手数料が半額になります。
直接持ち込こむと手数料が安くなる自治体は数多くありますので、事前に確認してください。

施設にピアノを寄付するときの処分費用

施設に寄付する場合も運搬費用は自己負担となるケースがほとんどですので、ピアノの運搬にかかる費用の相場をまとめました。
運搬費用はピアノの種類運搬距離によっても異なります。
エレベーターが小さく階段での運搬する場合やクレーン車が必要な場合は費用が加算されます。運搬経路についても事前に確認しておきましょう。

 

ピアノの運搬費用の相場
運搬距離 電子ピアノ アップライトピアノ グランドピアノ
~10km 13,000円 15,000円 28,000円
~30km 18,000円 20,000円 33,000円
~50km 22,000円 30,000円 33,000~65,000円

※クレーン搬出などが必要な場合は、追加で費用がかかります。

不用品回収業者に依頼するときの処分費用

不良品回収業者は数多くありますが、それぞれ処分費用は異なります。目安として5,000円〜10,000円と設定している業者が多いです。ただし、2~3社から見積もりを取り、より良い条件の業者に依頼するのがおすすめです。
 
あまり安すぎる場合は、違法業者の可能性があります。事前に「古物商許可」もしくは「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しているかどうか、ホームページ等で確認しておくようにしましょう。

 

ピアノを運送するときの費用

グランドピアノやアップライトピアノは100kg以上あるものもあり、運送にも費用がかかります。運送するときの料金は移動距離や作業方法によって変わります。

ピアノを運送するときの費用
  • 運送料金:移動距離によって決まる
  • 作業料金;階段の有無・クレーン車の利用などによって決まる

ピアノの種類ごとの運送料金は以下の通りです。基本的に重量が重くなるほど費用が高くなります。

グランドピアノ アップライトピアノ 電子ピアノ
〜20km 30,000円〜 20,000円〜 15,000円〜
〜40km 40,000円〜 25,000円〜 17,000円〜
〜60km 50,000円〜 25,000円〜 20,000円〜
〜80km 60,000円〜 35,000円〜 25,000円〜

参考:引越し侍

特殊作業が必要なときの料金相場は以下の通りです。クレーン作業や階段作業が必要な場合、費用が高くなります。

グランドピアノ アップライトピアノ 電子ピアノ
階段作業(1段ごと) 5,000円〜8,000円 5,000円〜 2,500円〜
クレーン作業 20,000円~ 10,000円~ 10,000円~
外階段作業(10段ごと) 5,000円~8,000円 5,000円~8,000円 5,000円~8,000円

ピアノを処分して後悔しないために

ピアノを処分して後悔しないために
 
長年愛用したピアノであれば、大切な思い出が詰まっていますよね。
「処分する決意ができない」「後悔するかもしれない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
ピアノを処分した時のメリットデメリット処分に関する判断材料をまとめましたので、処分するか検討中の方は参考にしてください。

ピアノ処分するメリット

まずはピアノを処分する時のメリットを紹介いたします。

売却すれば収入になる

ピアノの年数メーカーによっては、高額で査定してもらえますので売却することで収入になります
お部屋の片隅で物置になっているなら、思い切って売却するのもおすすめです。

部屋が広くなる

一般的なアップライトピアノでもサイズは150×60㎝ほどあり、演奏するスペースも考えればお部屋のスペースを大きく使います。
グランドピアノであれば、専用のお部屋が1部屋必要です。
重さも重く、気軽に模様替えもできませんよね。
ピアノを処分すると部屋が広く使え家具の配置等も見直すことができます。

近隣への配慮が減る

「ピアノの音がうるさい」「近所迷惑」等、楽器の演奏を不快に感じる方もいらっしゃいます。
直接苦情を受けることがなくても、迷惑をかけていないか気になりますよね。
時間帯を気にしながら演奏してる方も多いのではないでしょうか。
思い切ってピアノを処分することで、そういったトラブルや心配事も解消されます。

 

ピアノを処分するメリット
  • 売却すれば収入になる
  • 部屋が広くなる
  • 近隣への配慮が減る

 

ピアノを処分するデメリット

続いてはピアノを処分するデメリットを紹介します。

弾きたい時に弾けなくなる

ピアノを処分するデメリットは、やはり「弾きたい時に弾けない」というのが一番ではないでしょうか。
楽器の演奏は心を穏やかにしてくれる効果がありますし、ストレスの発散方法としている方も多いと思います。
ふと思い立った時にピアノが家に無いと、やはり寂しく感じるかもしれません。

誰かが今後使うかもしれない

「子供や孫が使うかもしれない」とピアノを残しておきたいと考えている方も多いです。
近々誰かが使う予定があるなら、残しておいた方が良いと言えます。
ピアノは古くなっていくごとに買取価格が下がってしまいますので、使用してもらえるのが何年も先になるのであれば早めに売却した方が良い場合もあります。

 

ピアノを処分するデメリット
  • 弾きたい時に弾けなくなる
  • 使いたい人が現れた時に困る

使用頻度や購入年数も判断材料

現在の使用頻度購入年収も判断材料になりますので、それらを考慮して処分するかどうか決めるのもおすすめです。

使用頻度

1ヶ月に複数回演奏するのであれば、使用頻度はそれほど低くありませんので、所持しておいた方が良いと言えます。
1ヶ月に一度触るか触らないか、といった程度であれば、手放すことも検討しましょう。
ピアノを弾きたくなった時には、レンタルスペースや公民館を利用してピアノを弾く方法もあります。
1年以上触ることが無いのであれば、売却や処分をおすすめします。

 

ピアノの使用頻度と処分の判断
1ヶ月に複数回触る 残しておく
1ヶ月に一度触るか触らないか 処分を検討
1年以上触っていない 処分する

購入年数

購入したのが10年以内であれば、急いで処分する必要はありません。
購入後10年以上たっているのであれば、そろそろ査定額が下がる恐れがありますので使用頻度によっては処分を検討しましょう。

 

ピアノの購入年数と処分の判断
10年以内 残しておく
10年以上 処分を検討

ピアノを処分する際の注意点

ピアノの処分に関する注意点
 
ピアノを処分する際に気を付けて欲しい点をまとめました。
処分する前に一度ご確認ください。

価値のあるピアノが無料で引き取られることも

ピアノを処分する機会は、そうそうあるものではありませんよね。
ピアノの価値や売却相場がわからず、損をしてしまうケースが少なくありません。
古いピアノを無料で引き取ってもらえるとなるとありがたいと思うかもしれませんが、数万円の査定が付くこともあります。
 
数あるピアノ買取業者の中には悪質な業者も紛れており、価値のあるピアノを無料で引き取られることもありますのでご注意ください。

ピアノ買取業者を見極めるポイントは?

悪質な業者にピアノを引き渡さないためには、下記のようなポイントに注意してください。

 

ピアノ買取業者を見極めるポイント
  • 複数の業者に見積もりを依頼する
  • 口コミや評判を確認する
  • あらかじめ相場を調べておく

複数の業者に見積もりを依頼する

1社だけの査定で満足せず、3~4社から相見積もりを取り比較するようにしましょう。
買取業者によって買取価格に違いがありますので、少しでも高く買い取ってくれる業者に依頼するのがおすすめです。
一括査定を利用すれば、複数の業者に見積もりを依頼することができます。
見積もりの内訳も確認し、不明瞭な点がないかチェックしてください。

口コミや評判を確認する

売却する業者を絞った後は、ネットで口コミ評判を確認しましょう。
「見積もりと実際の買い取り価格が違う」「対応が悪かった」等の書き込みが多い業者は、利用を避けた方が良いと言えます。

あらかじめ相場を調べておく

相場がわからない状態ですと、全く見合わない査定結果を出されてしまってもそれが正しいのかどうか判断することができません。
ピアノの品番メーカー年数で検索するとある程度の相場がわかりますので、相場を下調べしてから売却するようにしましょう。
 

ピアノの処分は日本不用品回収センターにご相談ください

ピアノの処分は日本不用品買い取りセンターへ

不用品の処分についてお困りの方は、日本不用品回収センターにお任せください。自治体では処分することのできない不用品も回収させていただきます。1点からでも回収をお受けしておりますが、ピアノ以外にも不用品があれば一緒に回収可能です。
 
365日24時間対応しており、最短30分でお伺いたします。相談・お見積もりは無料ですので、ピアノの処分にお困りの際はまずはご相談ください。

日本不用品回収センターの特徴
  • 最短30分でお伺い
  • 365日、24時間対応
  • 出張査定が無料
  • WEB割引を利用すれば最大で1万円お得になる

ピアノの処分に関するよくある質問

ピアノを処分する機会はほとんどありませんから、「初めてのことでどうすればいいかわからない」という方も多いと思います。ピアノの処分に関するよくある質問についてまとめましたので、是非参考にしてください。

ピアノの処分に関するよくある質問
  • 運び出しができない場合はどうやってピアノを処分する?
  • ピアノを無料で処分することはできる?
  • できるだけ安くピアノを処分する方法はどれ?

運び出しができない場合はどうやってピアノを処分する?

自分で運び出しができない場合は、ピアノ買取業者の出張買取サービスがおすすめです。
古すぎるものや状態の悪いもののように買取不可の場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

自分で運び出しできないピアノの処分方法
  • ピアノ買取業者の出張買取サービス
  • 不用品回収業者に依頼

ピアノを無料で処分することはできる?

ピアノ買取業者フリマアプリで売却すれば、収入を得ることができます。
買取不可の場合でも一部のピアノ買取業者では無料で引き取りを行っていますので、一度相談してみましょう。
値段が付かなかったものも、まだ使用できるものであればジモティーなど不用品譲渡サービスで引き取り手を探すこともできます。

ピアノを無料で処分する方法
  • ピアノ買取業者で査定捨て貰う
  • フリマアプリで売却
  • ピアノ買取業者に引き取りを依頼
  • 不用品譲渡サービスを利用する

できるだけ安くピアノを処分する方法はどれ?

買取不可の状態で廃棄するしかないピアノの場合、電子ピアノであれば自治体の大型ゴミで回収してもらえます。
自身での運び出しが必要となりますが、比較的安く処分することができます。
アップライトピアノ・グランドピアノは、ほとんどの地域で対応不可となっていますので、不用品回収業者に依頼しましょう。

ピアノをできるだけ安く処分する方法
  • 自治体の戸別収集で大型ゴミとして出す
  • 不用品回収業者に引き取りを依頼する

WEB割引 WEB割引

まとめ|ピアノを処分する方法5選

ピアノを処分する方法として一番確実なのは、ピアノ買取業者に査定を依頼する方法です。売却することで収入を得ることができますし、出張サービスを利用すれば運び出しにも対応してもらえます。買取不可の場合も一部の業者は無料で引き取ってもらえますので、一度相談してみましょう。

 
まだ利用できるものであれば、フリマアプリジモティーなどの不用品譲渡サービスの利用で引き取り相手を探すこともできます。
施設に寄付するといった方法もありますが、運搬費用は自己負担となりますので事前にしっかりと確認しておきましょう。
 

状態が悪く破棄するしかないピアノの場合、比較的軽量な電子ピアノなら自治体で大型ゴミとして捨てることができます。
アップライトピアノやグランドピアノはほとんどの自治体で回収不可となっていますので、不用品回収業者に依頼してください。
電子ピアノも自身での運び出しができない場合や急ぎの場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。
 

状況に合わせて、ベストな方法をお選びください。

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
不用品回収
不用品回収