衣装ケースの処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609
DISPOSAL ITEMS

衣装ケースを処分する方法5選を徹底解説!安く捨てる方法も紹介

衣装ケースを処分する方法5選を徹底解説!安く捨てる方法も紹介

衣類や布製品をしまっておくのに便利な衣装ケース。

ついつい買いすぎてしまい引っ越しや断捨離の際に困ってしまう方が多いのではないでしょうか?

本記事では、おすすめの衣装ケース処分方法を5つ紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 捨てなくても買い取ってもらうことができる
  • 早く処分したいなら不用品回収業者がおすすめ
  • 買取に出す際は、きれいに掃除し付属品をそろえておく

衣装ケースの処分方法5選を紹介

衣装ケースの処分方法5選を紹介

いらなくなった衣装ケースの、おすすめの処分方法を紹介します。

衣装ケースを処分するおすすめの方法は下記の5つです。

おすすめの衣装ケース処分方法
  • 自治体の処分に依頼する
  • 買取業者に買い取ってもらう
  • 支援団体に寄付をする
  • 不用品回収業者を利用する
  • フリマアプリで販売する

下記からはそれぞれの方法について詳しく解説します。

引っ越しなどで使わなくなった衣装ケースを手放したく困っているという方は、ぜひ参考にしてください。

衣装ケースの処分方法①自治体に処分を依頼する

衣装ケースの処分におすすめの方法1つ目は、「自治体に処分を依頼する方法」です。

この方法が最も定番の処分方法です。

多くの自治体では、衣装ケースを粗大ごみとして回収しています。

お住まいの地域ごとに決められたルールに則って事前に予約をし、決められた料金を支払うことで誰でも簡単にいらなくなった衣装ケースを手放すことができます。

他の処分方法に比べて、予約をしたり事前に支払いを行わなければいけなかったりと手間のかかる方法のため、手間をかけたくないと考えている方にはあまり向いていません。

状態の悪い衣装ケースをできるだけお金をかけずに処分したいと考えている方に最適です。

他の方法と比べてもあまり処分にお金がかからないため、お金をかけずに手放したいと考えている方は、自治体の回収を検討してみましょう。

衣装ケースの処分方法②買取業者に買い取ってもらう

衣装ケースの処分におすすめの方法2つ目は、「買取業者に買い取ってもらう方法」です。

ご存じない方が多いですが、雑貨や家具の買取を行っている業者に依頼すれば、わざわざお金を支払ってまで処分に出さなくても、お金をもらった上で処分することができます。

手放すことにお金をかけたくない方、できることならお金に換えたいと考えている方は買取業者へ買取を依頼する方法がおすすめです。

買取の査定までは無料のお店が多いため、迷っている方は査定だけでも依頼してから考えましょう。

下記に買取査定に持ち込む際に把握しておくと買取査定金額がアップする方法も紹介しているので、買取を検討している方はぜひそちらも参考にしてください。

買取り前に綺麗に掃除しておく

買取業者に買取に出す際は、まず出す予定の衣装ケースを掃除しておくことがおすすめです。

買取査定時には、持ち込んだ品の状態が確認され、状態の良さによって買取査定金額がかわります。

そのため、擦れば簡単に落ちる程度の汚れであっても、落とさずに査定に持ち込んでしまうと買取金額が低くされてしまいます。

洗剤などを使わなくても落ちる程度の汚れやほこりが付着している際は、かならずきれいにしてから持ち込むようにしましょう。

付属品があるか確認しておく

買取に出す際は、必ず事前に付属品がすべて揃っているかチェックするようにしましょう。

衣装ケースに限った話ではありませんが、基本的に買取の査定時には、付属品の有無が確認されます。

付属品が多少欠けていたとしても、買取自体はしてもらえるますが、大きく買取価格が減額されるケースが多いです。

買取に出した後で付属品を見つけたとしても、付属品だけで買い取ってもらうことはできないので、付属品を取っておいている記憶がある方は、事前に必ず確認するようにしてください。

衣装ケースの処分方法③支援団体に寄付をする

衣装ケースの処分におすすめの方法3つ目は、「支援団体に寄付する方法」です。

支援団体とは、NPO団体やNGO団体などの非営利目的で貧困・飢餓・環境などの問題を抱えている人・団体を民間の立場から支援している組織のことです。

支援団体は非営利で活動している組織のため、お金だけではなく、衣装ケースなどの物資の寄付も受け付けています。

費用をかけずに処分できる方法を探しているという人、まだ使えるけど使う予定がないから処分したいと考えている人は支援団体に寄付する方法がおすすめです。

寄付をすればこちらは処分にかかる費用を節約することができ、支援団体にとってもメリットが大きいです。

どうせなら捨てずに必要としている人に譲りたいと考えている方は、支援団体への寄付を検討してみましょう。

衣装ケースの処分方法④不用品回収業者を利用する

衣装ケースの処分におすすめの方法4つ目は、「不用品回収業者を利用する方法」です。

不用品回収業とは、使わなくなった家電や壊れた家具などのいらない物を有料で回収・処分している業者です。

衣装ケースは、サイズも小さくないことから処分の際には時間と労力がかかってしまいます。

しかし不用品回収業者を利用すると、時間や手間を一切かけずに衣装ケースを処分することが可能です。

そのため、とにかく時間がなくなかなか処分できていないという方や面倒なことはしたくないという方は、不用品回収業への依頼がおすすめです。

ボランティア団体ではないため、もちろんお金は1,000円から2,000円程度かかってくるのでお金を掛けたくないと考えている方は注意してください。

衣装ケースの処分方法⑤フリマアプリで販売する

衣装ケースの処分におすすめの方法5つ目は、「フリマアプリで販売する方法」です。

フリマアプリとは、スマートフォンやパソコンなどから誰でも自由に不用品を販売できるアプリです。

スマートフォン・パソコンをお持ちであれば、無料で利用することができます。

手放したいと考えている衣装ケースの状態が良ければ、わざわざお金を支払ってまで捨てなくても、フリマアプリに出品してお金に換えることが可能です。

できることならお金に換えたいと考えている人、処分にできるだけ費用を掛けたくないと考えている人は、フリマアプリで販売する方法がおすすめです。

なおフリマアプリは、登録・出品は無料で行うことができますが、出品した品が売れた際には売却手数料と送料がかかります。

そのため利用する際は、あらかじめ売れた金額全額がもらえるわけではないことを覚えておきましょう。

衣装ケースの処分費用について

衣装ケースの処分費用について

衣装ケースを手放すためにはどのくらいの費用がかかるのか気になっているという方が多いのではないでしょうか?

処分方法ごとに、どの程度の費用が掛かるのかまとめてご紹介するので、処分方法を決める際の参考にしてください。

処分方法ごとの費用
  • 自治体の処分に依頼する場合 300円から1,000円程度
  • 買取業者に買い取ってもらう場合 無料
  • 支援団体に寄付をする場合 送料のみ
  • 不用品回収業者を利用する場合 1,000円から2,000円程度
  • フリマアプリで販売する場合 無料

状態が良い衣装ケースの場合は、フリマアプリで販売する方法と買取業者に買い取ってもらう方法、NGOなどの支援団体に寄付する方法が一番お金を掛けずに処分できます。

衣装ケースの状態が悪い場合には、自治体に処分を依頼する方法が一番お金をかけずに処分することができます。

とにかく明日にでも手放したいという場合には、不用品回収業者へ依頼する方法がおすすめです。

自分の目的に合わせて選ぶようにしましょう。

衣装ケースを粗大ゴミとしてすてる手順

衣装ケースを粗大ゴミとしてすてる手順

衣装ケースを粗大ごみとして手放す際の手順を紹介します。

おおまかな手順は、下記の通りです。

粗大ごみとしてすてる際の手順
  • ステップ①衣装ケースの収集を申し込む
  • ステップ②粗大ゴミ処理手数料券を購入する
  • ステップ③当日に収集場所へ出す

下記からは、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

特別難しい工程はないため、不安を感じる必要はありません。

粗大ごみとしていらない物を捨てた経験がないという方は、ぜひ参考にしてください。

ステップ①衣装ケースの収集を申し込む

粗大ごみとして捨てる際の手順1つ目は、「衣装ケースの収集を申し込む」です。

粗大ごみの収集は収集日にすべての収集場所で行われるわけではありません。

事前に連絡があった収集場所でのみ回収が行われます。

そのため、衣装ケースを捨てる際に限った話ではありませんが、粗大ごみを捨てる際は、まず申し込みを行う必要があります。

申し込み方法は電話またはファックス、ホームページのお問い合わせフォームなどです。

お住まいの地域の自治体ホームページに申し込み方法と連絡先が記載されているので、お住まいの地域の情報を確認しましょう。

粗大ごみの収集日は決められているため、この日までに片づけないといけないなどの予定が決まっている場合は、早めに申し込むことがおすすめです。

ステップ②粗大ゴミ処理手数料券を購入する

粗大ごみとして捨てる際の手順2つ目は、「粗大ごみ処理手数料券を購入すること」です。

粗大ごみ処理手数料券とは、粗大ごみを回収してもらう際に必ず必要になる券のことです。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入でき、さまざまな料金の券が販売されているため、自分が捨てる粗大ごみのサイズに合った券を購入する必要があります。

粗大ごみ処理手数料券はシールになっているため、購入した後で捨てる粗大ごみに貼り付けましょう。

自分が捨てる物にいくら分の粗大ごみ処理手数料券が必要になるのかは、収集の申し込みを行ったタイミングで教えてもらうことができます。

初めてで知らないという方でも、心配する必要はありません。

ステップ③当日に収集場所へ出す

粗大ごみとして捨てる際の手順3つ目は、「当日に収集場所へ出すこと」です。

申し込みをして粗大ごみ処理手数料券を張り付けた粗大ごみは、予約した日にちに収集場所へ出しておくことで、自治体に回収してもらうことができます。

予約をした段階で、収集日よりも早いのに収集場所へ出してしまっている方が多いですが、収集場所へ出すのは回収日当日の朝というルールがあるので、早めに出すことは避けましょう。

早い段階から粗大ごみを収集場所へ置きっぱなしにする行為は、近隣に住んでいる方の迷惑になり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いです。

回収日当日には、燃えるごみなどの資源ごみを捨てる際同様に回収の立ち合いを行う必要はありません。

衣装ケースを無料で捨てる裏技

衣装ケースを無料で捨てる裏技

衣装ケースはサイズが大きいことが多いため、手放そうと考えると1,000円前後の料金がかかってしまことがほとんどです。

しかし新しいものを買うわけではなく、ただ捨てるだけで1,000円もお金を払うのは少し嫌だなと感じる方もいるのではないでしょうか?

ただ捨てるだけなのにお金をかけたくない、できることなら無料で手放したいと考えている人向けに無料で捨てる裏技を紹介します。

衣装ケースを無料で捨てる裏技は、「解体すること」です。

サイズが大きいままだと、粗大ごみというカテゴリになってしまうため、粗大ごみを捨てるための費用が掛かってきてしまいますが、解体し小さく分解することができれば、一般ごみとして燃えるごみや燃えないごみのように無料で捨てることができるようになります。

ノコギリなどの道具があれば、だれでも解体を行えるため、できれば無料で捨てたいと考えている方は解体を検討してみましょう。

なお、手放そうと考えている衣装ケースの状態が新品同様であれば、解体をしなくても買取に出すことで無料で処分可能です。

衣装ケースの解体方法について

衣装ケースはサイズが大きく、自治体の回収に出そうとすると粗大ごみに分類され別途回収の料金を請求されます。

しかし、これはサイズが大きいことが原因のため、単純に自分で解体し小さくすることができれば、一般ごみとして捨てることができるようになります。

衣装ケースを自力で解体する場合は、まずノコギリを用意しましょう。

持っている方は、金切ばさみもあると解体をスムーズに進めていくことができます。

ノコギリで一般ごみとして出せる程度まで小さく分解することができたら、地域の指定ゴミ袋に入れ回収日に合わせてゴミ捨て場に出すだけです。

一般ごみとして出せるサイズは、お住まいの地域ごとに違っているため、地域のごみ出しルールを確認してください。

ノコギリは刃物のため、うっかりするとケガをしてしまう可能性があります。

解体の際には取り扱いに十分注意しましょう。

衣装ケースを不用品回収業者に回収してもらう

衣装ケースを不用品回収業者に回収してもらう

引っ越しなどで処分しなければいけないタイムリミットが決まっている場合や、大きな衣装ケースをごみ捨て場まで運んでいく体力がないという場合には、不用品回収業者に回収を依頼する方法がおすすめです。

自治体の回収や買取業者に買取をしてもらう方法では、こちらの都合に合わせて処分に対応してもらうことができないため、手放せるまでに時間がかかってしまうケースが非常に多いです。

不用品回収業者に回収を依頼すれば、予約の連絡をするだけで後は運び出しから処分まですべて対応してもらえるため、時間も手間もかかりません。

利用する業者にもよりますが安い場所だと1,000円以下から回収を頼めるため、気になる方はお住まいの地域に対応している業者を探してみましょう。


WEB割引 WEB割引

【まとめ】衣装ケースを処分する方法5選を徹底解説!安く捨てる方法も紹介

【まとめ】衣装ケースを処分する方法5選を徹底解説!安く捨てる方法も紹介

本記事では、衣装ケースを処分するためのおすすめの方法を5つ紹介しました。

いかがだったでしょうか?

処分のための方法は、1つだけではなく複数あります。

お金を掛けたくないと考えている方には、買取業者に買取を依頼する方法、フリマアプリで販売する方法がおすすめで、手間をかけたくないと考えている方には不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

自分に合った方法を選択して処分するようにしてください。

本記事が使わなくなった衣装ケースの処分でお困り中の方のお役に立てれば幸いです。

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
不用品回収
不用品回収