テレビの処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609
COLUMN

テレビの処分方法7選!知っておくべき家電リサイクル法と処分費用まで解説

テレビの処分方法7選!知っておくべき家電リサイクル法と処分費用まで解説

「そろそろ引っ越すタイミングだからいらなくなったテレビを捨てようかな」「テレビが壊れてしまったから買い換えよう」そう思い立ったとしても、テレビを自治体のゴミに出してはいけません。
 
テレビは家電リサイクル法の対象商品です。そのため、粗大ごみとして捨てることができません。さらに家電リサイクル対象商品を処分するにはリサイクル料金がかかってしまいます。
 
しかし、テレビを処分する方法はいくつかあります。いらなくなったテレビを捨てたい、できるだけ安く捨てたいと思っている方はぜひこの記事を参考にしましょう。
 
この記事を読めば、テレビを安く簡単に処分する方法が見つかります。

この記事を読んでわかること
  • テレビは家電リサイクル法により粗大ゴミに出せない地域が多い
  • テレビを処分するときにかかる費用は4,000円前後
  • テレビの捨て方は注意が必要
  • テレビを簡単に処分するなら日本不用品回収センターへ
0120-961-609
0120-961-609

テレビは家電リサイクル法の対象製品

テレビは家電リサイクル法の対象製品

家電リサイクル法の対象商品は4品目あり、テレビはそのうちの一つです。

家電リサイクル法の対象商品4品目

テレビや洗濯機のような大型家電には、たくさんの資源が使われています。資源を有効活用するために、廃棄物を減らす取り組みが進められています。

家電リサイクル法とは?

そもそも家電リサイクル法とはどんな法律かご存知でしょうか。

    一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。引用:経済産業省 家電リサイクル法(特定家庭用機器商品化法)

法律で定められているため、法律に則って処分をしないと法律違反になるため知らなかったでは通じません。

自治体による粗大ごみ回収でも対応できないのは、粗大ごみ回収が家電リサイクル法の対象商品を対象としていないからです。

家電リサイクル法の対象となるテレビの種類

テレビを処分するときにかかるリサイクル料金

テレビの処分にはリサイクル料と収集料の2種類が必要です。

リサイクル料金は種類やメーカーによって異なりますが厳格に定められており、家電リサイクル券購入時に支払います。

家電リサイクル券は料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2種類あり、手続きはどちらも異なります

家電リサイクル券購入時の手続きも異なり、自身がどちらの方式で購入したか覚えておきましょう。

収集料は回収業者によって異なりますのでこちらも注意しましょう。

リサイクル料金と収集運搬料金比較表
テレビの種類 リサイクル料金 収集料金
ブラウン管テレビ 15型以下 1,296円~3,094円 1,600円〜3,000円
ブラウン管式テレビ 16型以上 2,376円~3,634円 1,600円〜3,000円
液晶・プラズマ式テレビ 15型以下 1,836円~3,148円 1,600円〜3,000円
液晶・プラズマ式テレビ 16型以上 2,916円~3,988円 1,600円〜3,000円

テレビを正しく処分する7つの方法

テレビの処分方法
 
テレビを処分する方法は主に7つあります。

回収業者に処分を依頼してもいいですが、製造して年数があまりたっていないテレビなら中古で売ることも可能です。

回収業者に依頼するのであれば回収費用を払うだけですが、買取なら自身にお金が入ってくる可能性もあります。

自分に一番お得な処分方法を選んで賢くテレビを処分しましょう。

テレビを正しく処分する7つの方法!
  • 自治体指定の回収方法で処分する
  • 新たにテレビを購入した家電量販店に回収してもらう
  • 処分するテレビを購入した販売店に処分を依頼
  • 指定引取所に持ち込む
  • リサイクルショップでテレビを売る
  • フリマアプリやネットオークションで売却する
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体指定の回収方法で処分する

市区町村によってはその自治体が指定する業者に回収を依頼できる場合もあります。

リサイクル券の発行手続きなどは自治体の職員が代行してくれ、料金を支払うだけで処分できるケースがあります。

指定の場所までは運搬しなければならない場合もあるので注意が必要です。

新たにテレビを購入した家電量販店に回収してもらう

新しいテレビの購入と同時に古いテレビを処分する際、販売店に依頼すれば回収してもらえます。

テレビは家電リサイクル品目に該当するため、販売店は古い機種を引き取る義務があるからです。

「家のテレビは壊れているから下取りはできない…」と思うかもしれませんが、壊れていても料金を支払えば処分してもらえます。

販売店で勝ったその場で手軽に依頼できるのがメリットです。

新しいテレビを配達してもらった際にそのまま古いテレビを引き取ってもらえるので手間が省かれます。

しかし、無料で回収してくれるわけではなく、リサイクル料と収集運搬料がかかります。

販売店によっては新しく購入するテレビの代金から一定金額を割引する下取りサービスを行っている場合もあり、お得にテレビを買うことができる可能性があります。

家電量販店 回収料金 リサイクル回収料金+収集運搬料
ヤマダ電機 2,970円〜5,333.333円 1,320〜3,700円+1,633.333円
ケーズデンキ 3,520円〜5,170円 1,320〜2,970円+2,200円
ビックカメラ 3,520円〜5,333.333円 1,870〜3,700円+1,633.333円
ヨドバシカメラ 1,870円〜3,520円 1,320〜2,970円+533.333円

※テレビを購入したときの回収料金

処分するテレビを購入した販売店に処分を依頼

テレビを購入した販売店に回収を依頼して自宅などに回収に来てもらう方法もあります。

回収方法はお店によって異なるため、ますは問い合わせてみましょう。

Amazonなど通販で購入した場合でも可能ですので販売店で買っていないからといってあきらめる必要はありません。

回収は無料ではなくリサイクル料と収集運搬料がかかる点にだけ注意しておきましょう。

家電量販店 回収料金 リサイクル回収料金+収集運搬料
ヤマダ電機 4,070円〜6,433.333円 1,320〜3,700円+2,733.333円
ケーズデンキ 6,820円〜8,470円 1,320〜2,970円+5,33.3330円
ビックカメラ 6,870円〜8,700円 1,870〜3,700円+5,000円
ヨドバシカメラ 4,070円〜5,720円 1,320〜2,970円+2,733.333円

※テレビの回収のみを依頼したときの回収料金(商品の購入なし)

指定引取所に持ち込む

自治体指定の回収業者へ依頼できない場合は、一般財団法人家電製品協会指定の引取所に持ち込んで回収してもらう方法もあります。

自分で持ち込むので収集運搬料金がかかりませんが、テレビの運搬はもちろん自分で行わなければなりません。

また、料金郵便局振込方式となるため郵便局に足を運ぶ必要があります。

リサイクルショップでテレビを売る

壊れていないかつ人気モデルならリサイクルショップで買い取ってもらえます。

処分費用が一切かからず、さらにお金が手に入る点が最大のメリットです。

出張買取を行ってる店舗もあり、自宅まで査定に来てくれるので持ち込む手間がかからないケースもあります。

ただし壊れていたり、状態が悪い、または不人気の場合は買取を断られます。

買取を検討する場合は事前に電話やメールで型番を伝え、買取可能か納得のいく売値になるか確認しておきましょう。

フリマアプリやネットオークションで売却する

自宅ですぐに出品でき、リサイクルショップ同様で処分費用をかけずにお金が手に入る可能性があります。

さらにリサイクルショップよりも高値で売れる可能性があるので、できるだけお金を手に入れたい場合は活用することをおすすめします。

しかし、出品から配送まで自分で行わなければならず、購入者との対応も自分でしなければなりません。

さらにトラブルに発展する可能性もありますので、余計な手間がかかってしまう可能性もあります。

不用品回収業者に依頼する

連絡さえすれば不用品回収業者が回収にきてくれますので自分で運び出す手間がかかりません。

リサイクル券の手続きも業者が行ってくれる場合がありますので、手続きから回収までの手間がなく非常に楽です。

買取サービスを行っている不用品回収業者もいますので、リサイクルショップに持ち込む感覚で依頼するのもいいでしょう。

悪徳な不用品回収業者とのトラブルに注意

悪徳な不用品回収業者とのトラブルに注意しましょう。悪徳業者に依頼すると、作業後に高額な請求をされたり、処分したはずの不用品が不法投棄されたりします。お金や時間を無駄にしないためにも、業者選びは慎重に進めることが大切です。
 
不用品回収サービスを依頼するときは、会社情報や口コミを調べましょう。また、作業を依頼する前に見積もりで料金を確認しておきましょう。参考:国民生活センター

テレビを簡単に処分するなら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター

 
テレビを簡単に処分したい方は、日本不用品回収センターにお任せください。日本不用品回収センターなら自治体で回収していないテレビも回収可能です。
 
自治体の予約や手続きが面倒な方や今すぐテレビを処分したい方におすすめです。日本不用品回収センターでは7つの定額パックを用意しています。
 
もちろんテレビ1台のみの回収も承っております。お見積りやご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

テレビの処分に関するよくある質問

テレビの処分に関するよくある質問
 
なるべく安くテレビを処分したい方も多いのではないでしょうか。テレビを処分する前に、よくある質問をご紹介します。

テレビを無料で処分することはできる?

テレビを無料で処分することは可能です。ただし、無料回収が可能なのは、年式の新しいテレビに限ります。
 
中古品として販売できるものであれば、買取サービスを利用して無料で処分できるでしょう。しかし、故障したテレビや傷のあるテレビを無料で処分するのは困難です。

テレビの処分費用はいくらかかる?

テレビの処分費用は4,000円〜6,000円です。テレビを処分するときは、リサイクル料金と収集運搬料金を支払わなければいけません。
 
メーカーごとにリサイクル料金が決まっているので、お持ちのテレビによって金額は変わります。正確な金額を知りたい方は、一般財団法人 家電製品協会の家電リサイクル料金をご覧ください。
 
処分方法別にかかる費用を下記にまとめています。

テレビの処分費用
  • 自治体指定の回収方法で処分する:5,000円〜10,000円
  • 新たにテレビを購入した家電量販店に回収してもらう:3,000円〜6,000円
  • 処分するテレビを購入した販売店に処分を依頼:3,000円〜6,000円
  • 指定引取所に持ち込む:3,000円〜5,000円
  • リサイクルショップでテレビを売る:無料
  • フリマアプリやネットオークションで売却する:2,000円〜(手数料・送料)
  • 不用品回収業者に依頼する::5,000円〜10,000円

テレビの処分方法まとめ

まとめ

 

この記事ではテレビの処分方法について解説してきました。安心して確実に処分したい場合には、販売店に依頼するか自治体を利用するのがおすすめです。

無料で処分するには人に譲るか不良品回収業者に依頼するかの方法があります。

収入を得たい場合には、フリマアプリ・ネットオークション、リサイクルショップを利用する方法があります。

楽に処分したいときには不用品回収業者を利用するのが良いでしょう。

状況によりベストな処分方法が変わってきます。ご自身に合ったベストな処分方法を選択してください。

日本不用品回収センター大竹執筆者
大竹
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑