学習机の処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609
COLUMN

学習机・勉強机を処分する5つの方法!費用から無料の捨て方まで

学習机・勉強机を処分する5つの方法!費用から無料の捨て方まで

学習机を処分する際は、それぞれの処分方法のメリット・デメリットを確認して、自分に合った方法を見つけるのが重要です。お金がかかりはするものの手間が抑えられたり、手間がかかりはするもののお金がかからなかったりする方法など、さまざまあります。
 
本記事では学習机の処分方法や処分にかかる費用など詳しく解説していきます。ぜひとも参考にしていただき、あなたに合った処分方法を見つけてください。

この記事を読んでわかること
  • 学習机の処分方法
  • それぞれの処分方法のメリット・デメリット
  • 学習机を処分する際の費用相場
0120-961-609
0120-961-609

学習机の処分方法5選

学習机の処分方法

学習机の処分方法は主に以下の5種類あります。

学習机の処分方法
  • 粗大ごみで処分する
  • 自治体の処理施設で処分する
  • リサイクルショップで処分する
  • ジモティーで譲る
  • 不用品回収で処分する

それぞれの処分方法のメリット・デメリット・費用・手順を詳しく解説していきますね。

粗大ごみで処分する

最も一般的な方法が粗大ごみで処分する方法です。料金面で考えても、手間で考えても平均的な処分方法といえます。粗大ごみで処分するメリットは「料金が高くない」「手間も大きくはかからない」という点です。
 
一般的な処分方法なだけあって、特に手順も難しくなく、スムーズにお金を大きくかけることなく処分ができます。迷ったら粗大ごみで捨てるのが安定といえるでしょう。
 
粗大ごみで処分するデメリットは「すぐに処分ができない」という点が挙げられます。事前に申し込みをして、回収の日まで家に保管して、回収日に自分で搬出しなければいけないので、すぐに処分したい場合は向いていません

粗大ごみで処分する費用相場

粗大ごみで処分する場合の費用は、おおよそ500円~1000円ほどです。
 
自治体によって変化するので、市区町村のホームページを確認しておきましょう。

粗大ごみで処分する手順

学習机を粗大ごみで処分する手順は以下の通りです。

粗大ごみで処分する手順
  • 自治体のホームページから申し込みをする
  • 手数料納付券を購入する
  • 手数料納付券を学習机に張り付ける
  • 回収の日に指定された場所へ学習机を出す

自治体によっては電話での申し込みとなる場合もあります。手数料納付券はコンビニで購入するのが一般的です。
 
自治体によって手順は多少変化するので、詳細はあなたが住んでいる市区町村のホームページを確認してみてください。

自治体の処理施設で処分する

続いて紹介するのが自治体の処理施設での処分方法です。自治体が運営・管理している処理施設へ行き、学習机を回収してもらいます。
 
粗大ごみでの処分と比べると、料金が安いかわりに手間がかかるという違いがあります。自治体の処理施設で処分するメリットは「料金が安い」「すぐに捨てられる」という点です。
 
基本的に処理施設は毎日利用できるため、捨てたいときに捨てられます。また料金も粗大ごみで捨てるより安く、自治体によっては無料で処分できます。
 
自治体の処理施設で処分するデメリットは「処理施設まで持って行く手間がかかる」という点です。学習机を車に載せて、処理施設まで行かなければいけないので、車は必須ですし、学習机も車に載るように分解しなければいけません。
 
手間をかけたくない方や、車を持っていない方は別の方法を検討しましょう

自治体の処理施設で処分する費用相場

自治体の処理施設で処分する費用は0円~500円ほどです。自治体によって料金は変化しますが、おおよそ10キロで100円ぐらいになることが多いです。
 
また自治体によっては100キロまでは無料などの設定がされていることがあるので、無料で回収してもらえることも少なくありません。詳細は近くの処理施設に問い合わせてみてください。

自治体の処理施設で処分する手順

自治体の処理施設で処分する手順は以下の通りです。

自治体の処理施設で処分する手順
  • 近くに処理施設があるか調べる
  • 学習机を車に載せられる大きさに分解する
  • 学習机を処理施設まで持って行く
  • 処理施設のルールに従って処分する

まずは処理施設が近くにあるか確認しましょう。住んでいる場所によっては、処理施設が遠すぎて利用できないことも少なくありません。
 
またルール、料金も処理施設によって大きく異なるので、利用時に必ず確認しておきましょう。

リサイクルショップで処分する

まだ使える学習机ならリサイクルショップで処分するのも一つの手です。処分しつつ、お金を受け取れるので、お得に処分したい方におすすめの方法です。
 
リサイクルショップで処分するメリットは「逆にお金を受け取れる」という点です。一般的に処分をするにはお金がかかってしまいますが、リサイクルショップで売れるなら、逆にお金を受け取れます。
 
使用感の少ない学習机なら高値で売れる可能性もあるので、リサイクルショップの利用を検討してみましょう。リサイクルショップで処分するデメリットは「使用感が高いと売れない」という点が挙げられます。
 
学習机は新品を欲する子供が多いので、一般的な机に比べると売れづらくなっています。リサイクルショップまで足を運んだ末に、売れないと時間を無駄にしてしまうので注意しましょう。

リサイクルショップで処分する費用相場

リサイクルショップで処分する費用相場は当然ながら0円です。ただしショップによっては、売れない場合に処分費用を請求してくる場合があります。
 
処分費用はリサイクルショップによって変化しますが、おおよそ0円~3,000円ほどとなっています。

リサイクルショップで処分する手順

リサイクルショップで処分する手順は以下の通りです。

リサイクルショップで処分する手順
  • 近くのリサイクルショップに買取を予約する
  • 学習机を車に積んでリサイクルショップへ行く
  • リサイクルショップで査定をしてもらう
  • 買取となって場合はその場で買取金を貰う

まずは近くのリサイクルショップで買取を予約しましょう。リサイクルショップによっては学習机の買取をしていない場合があるので、事前に確認しておくと安心です。
 
買取対応であれば、学習机を車に積んでリサイクルショップへ行きましょう。リサイクルショップによっては出張買取をしている場合があるので、出張買取が利用できないかも確認しておくと良いですよ。

ジモティーで譲る

ジモティーで譲るのも有効な方法です。手間が少なく料金もかからないので非常におすすめです。
 
ジモティーで譲るメリットは「お金がかからない」「手間がかからない」という点です。ジモティーでは、近くにいる人にさまざまな家具を譲れます。
 
当然お金はかかりませんし、譲り受ける人が自宅まで来てくれるので手間もかかりません。そのため処分費をかけたくない方は、ジモティーで譲れる人がいないか確認してみましょう。
 
ジモティーで譲るデメリットは「住んでいる場所によっては相手が現れない」「自分の住んでいる場所を教える必要がある」点です。ジモティーはメルカリやラクマなどと違って、発送するわけではないので、購入者が近くにいなければ成立しません。
 
そのため人が少ないエリアに住んでいる場合は、相手が現れずに処分ができない場合があります。また自宅まで来てもらうために住所を教えなければいけないので、他人に住所を教えるのに抵抗がある場合は利用は難しいです。

ジモティーで譲る費用相場

ジモティーで譲る場合の費用相場は当然0円です。

ジモティー側に支払うお金、月額料金などもないので、一切お金をかけずに学習机を処分できます。

ジモティーで譲る手順

ジモティーで譲る手順は以下の通りです。

ジモティーで譲る手順
  • ジモティーに会員登録をする
  • ジモティーに処分したい学習机を出品する
  • 引き取り希望者が現れたら連絡をする
  • 引き取り希望者に学習机を譲る

前述したようにジモティーの登録は無料です。処分したい学習机の写真を撮って出品したら、引き取り希望者が現れるまで待ちましょう。
 
引き取り希望者が出てきたら、引き取り場所、日時などの連絡をしてください。あとは引き取り希望者に学習机を渡して処分は終了です。

不用品回収で処分する

最後に紹介する方法は不用品回収です。一切手間をかけたくない場合は不用品回収を利用しましょう
 
不用品回収で処分するメリットは「手間がかからない」「すぐに処分できる」といった点です。業者に電話やネットで連絡をしたら、あとは自宅まで来て素早く回収してもらえます。
 
即日対応の業者も多く、場合によっては連絡から30分程度で来てくれます。家から出す必要もなく、不用品回収業者が家の中へきて、そのまま回収してくれるので、手間も一切かかりませんよ。
 
不用品回収業者で処分するデメリットは「お金がかかる」点です。手間がかからない分、料金は粗大ごみでの処分よりも高く設定されています
 
とはいえ、見積もりが無料の業者も多くあるので、まずは見積もりをしてもらうのも一つの手ですよ。

不用品回収で処分する費用相場

不用品回収で処分する費用相場は0円~5,000円ほどです。買取となれば費用は掛かりませんが、処分となった場合は5,000円近くかかることも多いです。
 
ただし業者によって料金は大きく変わるので、利用を検討している場合は見積もりを貰っておきましょう。

不用品回収で処分する手順

不用品回収で処分する手順は以下の通りです。

不用品回収で処分する手順
  • 不用品回収業者に連絡をする
  • 不用品回収業者が自宅に来て見積もり後に回収をする

前述したように、手間はほとんどなく自分ですることは不用品回収業者に連絡をするだけです。あとは業者が来た後に見積もりをして、金額に納得がいけば回収をしてもらいます。

パターン別に学習机のおすすめ処分方法を紹介

パターン別学習机のおすすめ処分方法
 
続いてパターン別に学習机のおすすめ処分方法を紹介していきます。「お金をかけたくない場合」「費用を抑えつつ確実に処分したい場合」「楽に処分したい場合」の3つに分けて紹介していきますね。

お金をかけずに処分したいならジモティーがおすすめ

お金をかけずに処分をしたいならジモティーがおすすめです。ジモティーは登録料金、月額料金など一切なく、無料で利用できます。
 
また引き取り希望者が自宅まで来るのが一般的なので、手間もほとんどかかりません。引き取りまでに時間がかかる場合があったり、引き取り希望者が現れない場合があったりと、不安定な部分もありますが、チャレンジしてみて損はありませんよ

できるだけ費用を抑えつつ確実に処分したいなら処理施設がおすすめ

前述したジモティーはお金がかからないため非常におすすめですが、確実に処分できるとは限りません。費用を抑えつつ、確実に処分をしたいのであれば処理施設がおすすめです。
 
ジモティーのように引き取り希望者が現れるまで待つ必要がありませんので、引っ越し間近だったとしてもすぐに処分ができます。ただし処理施設まで持って行く手間はどうしてもかかってしまうので留意しておきましょう。

すぐに楽に処分したいなら不用品回収がおすすめ

すぐに楽に処分したいなら不用品回収がおすすめです。お金がかかってしまうのが欠点ではありますが、電話一本ですぐに来てくれますし、家から自分で学習机を運ぶ必要もありません
 
引っ越し間近ですぐに処分したい方、学習机を運ぶのが面倒な方、他にも処分したいものがある方、など多くの人におすすめできます。

学習机の処分は日本不用品回収センターがおすすめ!

日本不用品回収センター
 
学習机を不用品回収するなら、日本不用品回収センターにお任せください。日本不用品回収センターは年間20,000件の実績を持つ、不用品回収業者で、最短30分で駆けつけます。
 
不用品1品から大量の不用品まで、不用品の量に関わらずご利用いただけます。無料で見積もりができるので、まずはお気軽にお電話ください

0120-961-609
0120-961-609

学習机の不用品回収で覚えておきたいこと

学習机を不用品回収する際に覚えておきたいこと
 
最後に不用品回収サービスを利用する際に覚えておきたいことを紹介します。利用してから思わぬ後悔をしないように、チェックしておきましょう。

机と椅子でそれぞれ別料金になる可能性が高い

学習机と椅子はそれぞれ別料金になる可能性が高いです。不用品回収はホームページに品目ごとの料金を掲載していますが、学習机の料金だけを信じて依頼をすると、椅子の料金もかかってしまう場合があります。
 
電話で問い合わせる際に、学習机と椅子の料金それぞれ確認しておきましょう

解体の必要はない

基本的に学習机を解体する必要はありません。たとえ解体をしなければ部屋から取り出せない状態であったとしても、すべて不用品回収業者に任せられます
 
自分で解体をしたところで、料金が安くなるとも言えないので、基本的には解体はせず、すべて業者に任せてしまいましょう。

学習机の買取は難しい

不用品回収業者で学習机の買取は難しいです。前述したように、学習机はリサイクルショップでも買取が難しくなっています。
 
不用品回収業者の買取はリサイクルショップよりも金額が低くなることが多いので、基本的に不用品回収業者で学習机の買取は期待しない方が良いです。

学習机を処分するタイミングはいつ?

お客様
お客様
学習机はいつ処分すればいいのかわからない

上記のようにお悩みの方はいませんか。学習机は処分に手間がかかるので、子供が成長しても置き続けるご家庭もあります。学習机を処分するタイミングに正解はありませんが、いつ処分すべきかお悩みの方は、以下を参考にしましょう。

学習机を処分するタイミング
  • 子供が就職するタイミング
  • 子供が卒業するタイミング
  • 学習机の劣化が目立つようになったとき
  • 引越しするタイミング

学習机の処分は、子供が使わなくなるタイミングで捨てられるケースが多いです。タイミングを逃すといつまでも放置してしまうので、不要になったときに捨てると良いでしょう。

学習机の処分方法まとめ

学習机の処分方法は粗大ごみの他にも、ジモティーや不用品回収業者などさまざまです。

自分に合った方法を選んでお得に、スムーズに処分をしましょう

粗大ゴミの関連記事

日本不用品回収センター大竹執筆者
大竹
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑