冷蔵庫の処分なら日本不用品回収センターへ

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609
COLUMN

冷蔵庫を処分する7つの方法!料金一覧と無料の捨て方まで紹介

冷蔵庫を処分する7つの方法!料金一覧と無料の捨て方まで紹介

冷蔵庫を捨てたいと思っても、処分方法がわからず困っていませんか?冷蔵庫の処分方法は法律で決められているため、正しい方法で捨てないと違法になってしまいます。
 
ここでは冷蔵庫の正しい処分方法と費用、無料で捨てる方法をご紹介します。冷蔵庫の処分で困ったときに参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 冷蔵庫は家電リサイクル法により自治体の粗大ゴミに出せない
  • 冷蔵庫の状態がよければ無料で処分することも可能
  • 冷蔵庫を処分するにはリサイクル料金と収集運搬料を支払う必要がある
  • 冷蔵庫の処分に手間をかけたくない場合は不用品回収業者の利用がおすすめ

0120-961-609
0120-961-609

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象だから粗大ゴミに出せない

冷蔵庫は自治体の粗大ゴミに出せない
 
冷蔵庫は家電リサイクル法により、自治体の粗大ゴミとして処分することができません。なぜ粗大ゴミに出せないのか、その理由をここで確認しておきましょう。
 
家電リサイクル法とは、家電製品から有用な部品・材料をリサイクルして廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進するための法律です。

    特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。
    出典:経済産業省 家電リサイクル法とは

家電リサイクル法の対象品目
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機

上記の家電は法律によってリサイクルすることが義務付けられているため、粗大ゴミとして回収してもらうことはできません。粗大ゴミ以外の方法で適切に処分する必要があります。

冷蔵庫を処分するときはリサイクル料金がかかる

冷蔵庫を処分するときは「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。国内メーカーの冷蔵庫を処分するときの料金は以下のとおりです。

冷蔵庫のリサイクル料金
冷蔵庫のサイズ リサイクル料金 収集運搬料金 合計金額
170L以下 3,672円 3,240円 6,912円
171L以上の冷蔵庫 4,644円 3,240円 7,884円

ただし、メーカーごとに料金が異なるので、事前に一般財団法人家電製品協会(家電リサイクル料金表)で料金を確認しておきましょう。

冷蔵庫の正しい処分方法4選!

冷蔵庫の正しい処分方法と料金一覧
不要になった冷蔵庫は、以下いずれかの方法で処分する必要があります。

冷蔵庫の処分方法
  • 自治体が指定する業者に回収してもらう
  • 指定取引場所に直接持ち込む
  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう

どの方法を選ぶかによって料金も異なるので、自分に合う方法を選びましょう。

自治体が指定する業者に回収してもらう

自分が住んでいる地域の「家電リサイクル受付センター」を利用して処分できます。家電リサイクル受付センターとは、家電リサイクル法の対象4品目を回収するサービスのことです。

 

自治体の粗大ゴミには出せませんが、自治体の指定業者に回収を依頼できます。

回収してもらう手順
  • 品目やメーカー名を確認する
  • 家電リサイクル受付センターに申し込む
  • 収集当日に冷蔵庫を引き渡す
  • 料金を支払い家電リサイクル券を受け取る

収集当日は、玄関先やマンション1階のゴミ置き場などに冷蔵庫を運び出しておきましょう。室内からの運び出しは依頼できないので注意が必要です。
 
引き渡す際にリサイクル料金と収集運搬料金を現金で支払い、家電リサイクル券の控えをもらっておきましょう。家電リサイクル受付センターへの申し込み方法は、以下2通りあります。

申し込み方法

電話の受付時間は月曜~土曜、8~17時までです。インターネットであれば24時間365日受け付けているので、好きなタイミングで申し込めます。

指定取引場所に直接持ち込む

全国各地にある指定取引場所に冷蔵庫を直接持ち込んで処分する方法もあります。持ち込む場合は収集運搬料金がかからないので、比較的安い費用で処分できます。

指定取引場所に持ち込んで処分する手順
  • 郵便局で家電リサイクル券の振込用紙を手に入れる
  • 振込用紙に必要事項を記入する
  • 郵便局窓口でリサイクル料金を支払う
  • 指定引取場所に電話して持ち込む日時を予約する
  • 指定引取場所に持ち込む

一般財団法人家電製品協会で指定引取所検索を検索できます。持ち込む前に電話で事前予約して、持ち込む日時と料金の支払い方法を確認しておきましょう。

 

ただし、重たくて大きい冷蔵庫を指定取引場所まで運搬するのは大変です。無理な場合は、家電リサイクル受付センターに申し込んで引き取りを依頼しましょう。

家電量販店に引き取ってもらう

新しい冷蔵庫に買い替えるときに、不要になった冷蔵庫を家電量販店に引き取ってもらうことができます。自宅に新しい冷蔵庫を届けてもらうときに引き取ってもらえるので、店まで運搬する手間がかかりません。

 

ただし、費用は店舗ごとに違うので注意が必要です。

大手家電量販店のリサイクル料金
店舗名 リサイクル料金(170L以下) リサイクル料金(171L以上) 収集運搬料金
ヤマダ電機 3,740~5,599円 4,730~6,149円 1,650円
ビックカメラ 3,740~5,060円 4,730~5,060円 1,650円
ヨドバシカメラ 3,740円~ 4,730円~ 550円
ケースデンキ 3,740円~ 4,730円~ 1,650円

家電量販店によって料金を支払うタイミングは異なります。ほかにも冷蔵庫のメーカーや回収エリアによって料金が異なる場合があります。詳細を知りたい場合は、近くの店舗に問い合わせておきましょう。

 

買い替えずに処分だけ依頼することも可能ですが、処分のみの依頼は料金が割高になる傾向があります。

不用品回収業者に引き取ってもらう

冷蔵庫以外にも処分したい不用品がたくさんあるなら、不用品回収業者に依頼しましょう。家電・家具などの幅広い品目をまとめて引き取ってくれるので、引越しや大掃除で不用品がたくさん出たときに便利です。

依頼する手順
  • 依頼したい不用品回収業者を探す
  • 見積もりを依頼する
  • 回収日時を指定する
  • 回収当日に不用品を引き取ってもらい、料金を支払う

都合の良い日時に自宅まで引き取りに来てくれるので、利便性が高い方法だといえます。即日回収可能な業者に依頼すれば、依頼したその日に大量の不用品をまとめて処分できます。

 

ただし業者選びを慎重に行わないと、トラブルに巻き込まれる可能性があるので要注意です。料金体系や口コミをチェックして、優良な業者に依頼しましょう。

 

冷蔵庫のみの回収依頼は料金が割高になので、他の不用品と合わせて処分するのがおすすめです。

冷蔵庫を無料で処分する方法

冷蔵庫を無料で処分する方法
 
まだ比較的新しい冷蔵庫なら、無料で処分できる可能性がああります。冷蔵庫を無料で処分したいときは、以下3つの方法をおすすめします。

無料で処分する方法
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • フリマアプリ・ネットオークションで売却する
  • 知人・友人に譲る

人気メーカーの冷蔵庫なら予想外に高値で売れる可能性もあるので、試しに査定に出してみましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

製造年から5〜10年以内の冷蔵庫であれば、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。売却した冷蔵庫は再販売されるため、リサイクル料金は不要です。国内メーカーの製造3年以内の冷蔵庫なら高値で売れることが多いので、まずは査定を依頼してみましょう。

 

無料で出張買取を行なっているリサイクルショップに依頼すれば、自宅で査定・買取してもらえるので便利です。少しでも高値で売りたいなら、製氷機のスコップや取扱説明書などの付属品をすべて揃えて査定に出しましょう。

 

冷蔵庫をきれいに掃除して、見た目の状態を良くしておくと、査定時の印象が良くなり高値がつきやすくなります。ただし、古い冷蔵庫や壊れた冷蔵庫を売ることはできません。製造年が新しいものでも、汚れなどの使用感が目立つ場合は買取不可となる可能性があります。

フリマアプリ・ネットオークションで売却する

フリマアプリやネットオークションに出品して売る方法もあります。

 

出品するときの価格は自分で設定できるため、買い手が見つかれば臨時収入を得られます。

型が新しいものやスペックが高いものは、予想外の高値で売れるかもしれません。

フリマアプリやネットオークションに出品する手順
  • 出品したい冷蔵庫をカメラで撮影する
  • 説明文を記入する
  • オークション開始時の金額と期間を指定する
  • 落札されたら落札者に連絡する
  • 入金を確認した後で発送する

スマホで簡単に出品できる手軽さが魅力ですが、冷蔵庫は梱包や配送に手間がかかります。また買い手にクレームをつけられてトラブルになる可能性もあるので、初心者にはおすすめできません。

 

買い手が見つからずに処分まで時間がかかる場合もあるため、手早く処分したい人は別の方法をおすすめします。

知人・友人に譲る

冷蔵庫を欲しがっている知人や友人に譲れば、リサイクル料金を支払わずに処分できます。処分費用はかかりませんが、知人や友人の家まで冷蔵庫を運ぶときに配送業者を利用する場合は費用がかかります。

 

サイズの小さい冷蔵庫なら自家用車で運ぶことも可能ですが、運搬中に水漏れなどが発生する場合があるので注意が必要です。しっかり梱包してから運ばないと、運搬中に故障などのトラブルが発生する可能性もあります。

 

知人や友人に譲る場合は、冷蔵庫の運搬方法についてよく話し合っておきましょう。

 

周りに冷蔵庫を欲しがっている人がいない場合は、地元の掲示板サービスに掲載する方法もあります。無料で譲る条件なら、多少古い冷蔵庫でも引き取り手が見つかるかもしれません。

無許可で冷蔵庫を回収処分する業者に注意!

無許可で冷蔵庫を回収する業者に注意!
 
「不用品を無料で回収」などと謳って徘徊している回収業者は、無許可で営業している業者である可能性があるので注意が必要です。

無許可で回収する業者の特徴
  • 街中をスピーカーで宣伝しながら巡回している
  • 空き地で回収している
  • チラシを配布している

上記に該当する業者は悪徳業者も存在するので、利用は避けましょう。

 

一般家庭から不用品を回収するときは、自治体から一般廃棄物収集運搬業許可を得る必要があります。必要な許可を得ずに回収している業者に依頼すると、不法投棄や不適正処理などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

最初は無料と宣伝していたのに、実際に依頼してみると「無料ではない」と高額請求されるトラブルも発生しています。一見安そうな料金に見えても、あとで高額な追加料金が発生する場合があるので注意が必要です。

 

業者に依頼するときは、ホームページやチラシで許可の有無や追加料金の有無を確認しておきましょう。複数業者に見積もりを依頼して料金を比較するとともに、業者の口コミを確認しておくことをおすすめします。

冷蔵庫を処分する前にやっておくこと

冷蔵庫を処分する前にやっておくこと
 
今まで使っていた冷蔵庫を捨てる前にしておくべきことがあります。

処分前にやっておくこと
  • 冷蔵庫の中身を空にする
  • 前日に電源プラグを抜いておく
  • パーツとドアをテープで止めて、棚板が動かないようにする

中身を空にするときは、製氷機内の水・氷も忘れずに捨てておきましょう。

 

前日までに電源プラグを抜いて霜取りと水抜きを済ませておかないと、運搬中に水漏れして故障したり他の荷物を汚してしまったりするので注意が必要です。
 
冷蔵庫のコンセントを抜くと冷凍庫内の霧が溶け出し蒸発皿に溜まるので、溜まった水を捨てておきましょう。前日までにしっかり準備してから処分しましょう。

冷蔵庫の処分なら日本不用品回収センターにお任せください

日本不用品回収センター
 
冷蔵庫を今すぐ簡単に処分した方は、日本不用品回収センターにお任せください。日本不用品回収センターは関東を中心にサービスを展開している不用品回収業者です。
 
年間20,000件の実績があり、電話だけでなく問い合わせフォームやLINEにて見積もりをご確認いただけます。年式の新しい冷蔵庫であれば、買取も対応させていただきます。
 
自治体では回収できない家電リサイクル法の対象製品も問題なく回収しております。引越しや大掃除でいらない冷蔵庫の処分にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

0120-961-609
0120-961-609

冷蔵庫の処分方法まとめ

冷蔵庫を処分する方法についてご紹介しました。

冷蔵庫やテレビなどは家電リサイクル法の対象になるため、自治体の粗大ゴミに出すことはできません。この記事を参考にして、正しい方法で処分しましょう。

 

冷蔵庫の引き取りには、決して安くない費用がかかります。費用を節約したい場合は、指定引取場所への持ち込みがおすすめです。国内メーカーの新しい冷蔵庫なら高値で売れる可能性があるので、廃棄する前にリサイクルショップに査定を依頼しましょう。

 

家の中にある家具・家電をまとめて処分したい場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。重たい荷物の運び出しや梱包作業などはすべてスタッフが対応してくれるので、面倒な手間がかかりません。最近はハウスクリーニングや遺品整理・生前整理、ゴミ屋敷の片付けなど多彩なサービスを提供する業者もあります。

 

急な引越しや転勤などで時間がない場合は即日回収可能な場合もあるので、自分に合う業者を探してみましょう。気になる業者を見つけたら、まずは無料見積もりを依頼してみてください。料金の内訳やサービス内容をしっかり確認してから依頼しましょう。

日本不用品回収センター大竹執筆者
大竹
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑