不用品回収なら24時間対応の日本不用品回収センター

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

ゴミをなんでも回収してくれる業者は?分別不要で安い業者を紹介

ゴミをなんでも回収してくれる業者は?分別不要で安い業者を紹介

どうせ業者を利用するなら、何でも種類に関係なく一括でまとめて回収してくれる業者を選びたいですよね。
そこで本記事では、ゴミを何でも回収してくれる分別不要な安い業者を紹介します。

危険な業者に引っかからないためのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

この記事を読んでわかること
  • 回収業者であっても危険物などは回収を断られるケースがある
  • 自治体の回収では、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機は回収してもらえない
  • ごみ回収業者の中には、危険な業者がいるため業者は適当に決めてはいけない

回収業者はゴミをなんでも回収してくれるわけではない

回収業者はゴミをなんでも回収してくれるわけではない

あまり知られてはいませんが、不用品回収業者を利用してもゴミを何でも回収してもらえるわけではありません。
多くのごみの収集には特別な許可が必要で、中でもごみの収集の許可とは別の特別な許可が必要になるゴミは、不用品回収業者であっても回収を断られるケースが多いです。

不用品回収業者という名前から、いらない物なら何でも回収してもらえそうと感じるかもしれませんが、主に危険物は多くの業者で回収に対応していないので注意しましょう。
具体的な不用品回収業者で回収を断られることが多いゴミについては、次の「回収業者が回収できないゴミ一覧」の章で紹介しているのでそちらを参考にしてください。

危険物は多くの業者で回収に対応していないというだけで、業者によっては回収してくれる業者もあるので処分に困っている物がある方は回収に対応している業者を探してみることがおすすめです。
なお業者ではなく、自治体で処分することができないゴミの種類については「自治体で処分できないゴミ一覧」の章で紹介しいるのでそちらを参考にしてください。

回収業者が回収できないゴミ一覧

不用品回収業者でも回収を断られることがあるゴミを紹介します。
回収業者でも回収できないことがあるゴミは下記の6つです。

回収業者が回収できないゴミ
  • 電池
  • 生ごみ
  • ライター
  • スプレー缶
  • 液体類
  • 家庭から排出されたゴミではない物(産業廃棄物)

電池やスプレー缶、ライターなどの危険物や家庭以外から排出された産業廃棄物などは、一般家庭から排出されたゴミを収集するための許可とは別の許可が必要なため、業者によっては断られるケースがあります。
特に小さな個人営業系の不用品回収業者では断られることが多いので注意しましょう。

上記に当てはまるものを回収したいと考えている場合は、必ず事前に確認するようにしてください。

自治体で処分出来るゴミ一覧

自治体で処分出来るゴミ一覧

不用品回収業者ほど回収対象品目は多くないですが、一部の家具や家電は自治体でも回収を行っています。
自治体で行っている回収サービスで処分できるゴミは、下記の通りです。

自治体で処分出来るゴミ
  • ベビーカー
  • 衣装ケース
  • 楽器
  • オーディオ機器
  • ガスコンロ
  • 学習机
  • キャットタワー
  • キャンプ用品
  • クーラーボックス
  • コーヒーメーカー
  • こたつ
  • 座椅子
  • 三脚
  • 自転車・三輪車
  • 人工芝
  • 掃除機
  • ぬいぐるみ
  • ランニングマシン
  • テーブル
  • ドレッサー

上記で紹介した物以外にも自治体で処分できるものはあります。
自治体で回収を行っている品は、お住まいの地域によって若干の違いがあるので処分の際は必ず一度確認してから利用するようしてください。

処分したいと考えているのが1点だけなどの場合は、不用品回収業者よりも自治体を利用した方が安く処分できることが多いです。
処分費用を節約したいと考えている方は、自治体での処分も検討してみましょう。

自治体では処分できないゴミ一覧

自治体では処分できないゴミ一覧

不用品回収業者とは違い、自治体の回収では処分できないゴミが多いです。
自治体で行っている回収サービスで処分できないゴミは、下記の通りです。

自治体では処分できないゴミ
  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • パソコン本体
  • モニター
  • ノートパソコン
  • 電池
  • 蛍光灯

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象家電のため、どこの地域でも自治体に回収してもらうことができません。
電池や蛍光灯は、お住まいの地域によっては自治体でも回収をしているケースがありますが、自治体では回収を行っていないケースも少なくありません。

上記に当てはまる物を処分したいと考えている方は、自治体の回収に出す前に対応しているのかを確認するようにしてください。
自治体の回収を断られた場合は、不用品回収業者や購入したお店に依頼して回収をしてもらう必要があります。

処分を急いでいるのであれば、確実に回収してもらえる不用品回収業者の利用がおすすめです。

ゴミをなんでも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント

ゴミをなんでも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者の中には、ゴミなら何でも回収してくれる便利な業者が存在しています。
何でもゴミを回収してくれる業者を選ぶ際は、下記の3つのポイントに注目しましょう。

ゴミをなんでも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント
  • 実績や口コミを確認する
  • トラック積み放題プランが充実している
  • 回収不可のゴミを確認しておく

下記からは、それぞれのポイントについて詳しく紹介していきます。
業者によっては回収不可のゴミを設定しているケースもあるため、自治体では回収をしていないような物の処分を考えている場合は、確認を怠らないようにしてください。

ポイント①実績や口コミを確認する

ゴミを何でも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント1つ目は、「実績や口コミを確認すること」です。
回収の実績が少ない業者や口コミの評判が悪い業者に回収を依頼してしまうと、想像していたようなサービスを受けられない可能性が高いです。

特に回収不可のゴミの有無についてホームーページに情報が記載されていない場合は、これまでに利用した方が投稿してくれた口コミから情報を得られる可能性が高いため忘れずにチェックしましょう。
実績や口コミ投稿数が少ない業者、口コミでの評判が悪い業者は、利用するとトラブルに巻き込まれてしまいます。

不用品回収業者は探してみるとたくさん存在するため、少しでも違和感や不安感を覚える業者は利用しないようにしましょう。

ポイント②トラック積み放題プランが充実している

ゴミを何でも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント2つ目は、「トラック積み放題プランが充実していること」です。
トラック積み放題プランとは、名前の通りトラックにいらない物を好きなだけ積み込んで定額でいくらと決まっているプランです。

軽トラック積み放題や2トントラック積み放題といったゴミの量ごとにさまざまなプランが存在しています。
もしも処分したいと考えているゴミの量が多い場合は、不用品1点ごとに回収料金を設定している業者を選ぶよりも、トラック積み放題プランが充実している業者を選んだ方がお得です。

家電1点だけなどではなく、大掃除で使っていない物をまとめて処分したいと考えている方は、トラック積み放題プランが充実している業者を選ぶようにしましょう。

ポイント③回収不可のゴミを確認しておく

ゴミを何でも回収してくれる業者を選ぶ際のポイント3つ目は、「回収不可のゴミを確認しておくこと」です。
不用品回収業者の多くは基本的に自治体で回収を断られるような物であっても回収を行っていますが、一部の業者では回収不可のゴミが設定されています。

電池やスプレー缶、ライターなどの危険物や家庭以外から排出された産業廃棄物などは断られるケースがあるため、そういったものの処分を考えている方は注意しましょう。
回収不可のゴミの有無については、各業者のホームページに記載されており、依頼前にそこから確認することができます。

もしもホームページのどこを確認しても回収不可ゴミがわからない場合には、お問い合わせ時に確認してください。

【安い】なんでもゴミ回収してくれるおすすめ業者2選!

【安い】なんでもゴミ回収してくれるおすすめ業者2選!

不用品回収業者にゴミの回収を任せるなら、安くて分別せずに何でも回収してくれる業者が良いですよね。
そこでここでは、なんでもゴミの回収をしてくれて且つ、料金が安いおすすめの業者を2社紹介します。

なんでもゴミ回収してくれるおすすめ業者2選
  • 日本不用品回収センター
  • エコピット

下記からは、それぞれの業者の特徴と料金プランを詳しく紹介していきます。
依頼する業者選びでお悩み中の方は、ぜひ参考にしてください。

①日本不用品回収センター|即日対応・即日回収で実績NO.1

日本不用品回収センター
主な対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
料金プラン 最安プラン:SSパック5000円(税込)~、作業費、追加料金等が込みのプラン
見積り料金 無料
主なサービス内容 不用品回収、粗大ゴミ回収、不用品買取、遺品整理、ゴミ屋敷の片付けなど
営業時間 24時間365日年中無休
公式HP https://fuyouhin-center.jp/
電話番号 0120-961-609

日本不用品回収センターは、回収料金が定額制のプランになっていてわかりやすいことが特徴の業者です。
24時間365日営業しているため、年末年始の大掃除シーズンなどでも依頼をすることができます。

家電を1つだけ処分したいと考えている方から、大量の不用品の処分を考えている方まで幅広い方におすすめです。

②エコピット|お客様満足度が高い

エコピット
主な対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
料金プラン 最安プラン:お任せパック/SSパック12,000円(税込)~、作業費・車両費・出張費などが込みのプラン
見積り料金 無料
主なサービス内容 不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、ハウスクリーニングなど
営業時間 24時間365日年中無休
公式HP https://www.ecopit-huyouhin.com/
電話番号 0120-900-413

エコピットは、柔軟な対応からお客様満足度が高い不用品回収業者です。
多数のトラックの保有しているため、当日いきなりの予約にも対応しています。

見積もりは無料ですので、迷っている方はまずは見積もりを依頼してみましょう。

【注意】危険なゴミ回収業者の特徴

【注意】危険なゴミ回収業者の特徴

残念なことに不用品回収業者の中には危険な業者が存在しているため、利用の際にはしっかりと業者を選ぶことが重要です。
危険なゴミ回収業者に共通していることが多い特徴は下記の通りです。

危険なゴミ回収業者の特徴
  • HPで会社の情報が確認できない
  • 「無料回収」を強く謳っている
  • 領収書を発行してくれない
  • 見積書を発行するのを嫌がる

下記からはそれぞれの特長について詳しく解説していきます。
初めて不用品回収業者を利用するという方は、ぜひ参考にしてください。

特徴①HPで会社の情報が確認できない

危険なゴミ回収業者の特徴1つ目は、「HPで会社の情報が確認できないこと」です。
危険なゴミ回収業者は、自分たちが悪質な行為を行っている自覚があるため、HPに会社の情報を掲載していないケースが非常に多いです。

依頼する業者を決める際は、必ず事前に業者のHPを確認し、会社情報が記載されていることを確かめてから依頼するようにしてください。
会社情報がわからないような業者に依頼してしまうと、間違って回収を依頼していない物まで回収されたり料金をぼったくられたりした際に後々連絡を取ることができなくなってしまいます。

住所や運営会社名が記載されていたとしても、それだけで満足せずに検索にかけ実在する団体なのか、住所の場所に建物はあるのかを確認することがおすすめです。

特徴②「無料回収」を強く謳っている

危険なゴミ回収業者の特徴2つ目は、「無料回収を強く謳っていること」です。
不用品回収業者関連のトラブルで最も多いのが、無料回収と宣伝している業者を利用したことによる料金関係のトラブルです。

近頃無料回収という宣伝を聞いて依頼をしたら、荷物を持っていかれた後で高額な費用を請求されるというトラブルが多数報告されています。
無料回収を宣伝している業者のすべてが悪質な業者というわけではありませんが、無料回収を宣伝している業者が本当に無料でサービスを提供しているのか、詐欺の集客のために無料と宣伝しているのかは、利用をしてみなければわかりません。

利用した後でぼったくりの請求をされたくない方は、できる限り無料回収を強調しているような業者は利用しないようにしましょう。

特徴③領収書を発行してくれない

危険なゴミ回収業者の特徴3つ目は、「領収書を発行してくれないこと」です。
ぼったくりなどの悪質な行為を行っている業者は、その証拠を残さないために領収書の発行に対応していません。

契約をする前のお問い合わせの段階で、領収書の発行をしているか確認し、発行に対応していない場合にはその業者は利用しないことがおすすめです。
契約をしてしまったあとでは領収書を発行してもらえないと気が付いても遅いので注意しましょう。

なお領収書を発行してくれる場合にも、金額以外の電話番号や住所などの項目がでたらめに書かれた領収書を発行されるケースが確認されているため、領収書が発行されるだけで安心してしまわないようにしてください。

特徴④見積書を発行するのを嫌がる

危険なゴミ回収業者の特徴4つ目は、「見積書を発行するのを嫌がること」です。
料金をぼったくられないためには事前に業者に依頼して見積もりを出してもらうことが重要ですが、見積もりを出してもらったとしても見積書がなければ見積もり自体をなかったことにされる可能性があります。

事前見積もりを依頼する際は、必ず見積書を発行してもらいましょう。
稀に見積もり時に見積書の発行を嫌がったり見積書を持ってくるのを忘れたりする業者がいますが、見積書を発行してもらっていない状態で依頼をすると料金が変わる可能性が高いです。

トラブルに巻き込まれないためにも、見積書が発行できないような業者には間違っても依頼することのないよう注意してください。

【まとめ】なんでもゴミ回収してくれるおすすめ業者を紹介!怪しい業者の特徴も解説

【まとめ】なんでもゴミ回収してくれるおすすめ業者を紹介!怪しい業者の特徴も解説

本記事では、何でもゴミを回収してくれるおすすめの業者を紹介しました。
いかがだったでしょうか?

残念なことに不用品回収業者の中には、悪質な行為を行っている業者が存在しています。
実際にトラブルに巻き込まれてしまっている方も少なくないため、自分は大丈夫と過信せずに業者選びは慎重に行うようにしましょう。

自分で業者を選べない方は、本記事でも紹介した料金設定がわかりやすい「日本不用品回収センター」の利用がおすすめです!
本記事がゴミ回収業者をお探し中の方のお役に立てれば幸いです。

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら
EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都練馬区練馬1-6-1

代表者名:須田翔太

古物証許可:第305572007470号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

↑