不用品回収なら24時間対応の日本不用品回収センター

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

タンスを処分する7つの方法!簡単な捨て方から処分費用まで

タンスを処分する7つの方法!簡単な捨て方から処分費用まで徹底解説

お客様
お客様
タンスを捨てたいけど、運べないからどうすればいいかわからない…。

引越しをするときや買い替えを行う際に、どうしても処分に悩んでしまいがちなのがタンス。クローゼット付きの家も増えているので、引越しで処分される方も少なくありません。
 
タンスを処分する方法は大きく分けて7つあるので、どのような方法でみんな処分しているのか、費用や処分する際によくある質問について解説をします。

この記事を読んでわかること
  • タンスを安く簡単に処分する方法がわかる
  • タンスの処分を行う際にかかる費用の目安を比較できる
  • タンスの処分におすすめの不用品回収業者業者
  • タンスの処分でみんなが悩む質問への回答

0120-961-609 
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

タンスを処分する7つの方法!運べないと悩む方必見!

houhou
トラブルなくタンスを処分するには、下記の7つの方法があげられます。

タンスの処分方法7選
  • 自治体の粗大ゴミに出す
  • 自治体の処理施設へ持ち込む
  • 家具の販売店に引き取ってもらう
  • 引越し業者に引き取りを依頼する
  • リサイクルショップや買取業者に売却する
  • メリカリのようなフリマアプリを使用する
  • 不用品回収業者を利用する

それぞれの方法について詳しく解説をしていきますので、タンスの処分に困っている人は参考にしてみてください。

自治体の粗大ゴミに出す

タンスを自治体の粗大ゴミに出す手順
  • 自治体のホームページから申し込みをする(電話またはインターネット)
  • 手数料分の粗大ゴミ処理券を購入する
  • 粗大ゴミ処理券をタンスに貼り、回収日の朝に収集場所へ運び出す

自治体によって基準は異なりますが、サイズの大きいタンスは粗大ごみとして出すことが可能です。

指定された場所・日付に出して、タンスを収集する地域もありますが、自治体によっては400円から1,000円程度の範囲でいつでも引き取ってもらえる自治体もあります。

自治体ごとに粗大ごみの回収方法が異なるため、電話やインターネットを利用して日付・曜日を確認するとともに、タンスを出す場所を確認するようにしてください。

場合によっては粗大ごみは専用のシールを貼らないと回収してもらえないケースがあります。

市町村の役所やサービスセンターでシールを購入して貼り、指定の場所に出すようにしましょう。

メリット
  • 安価で処分できる
  • 無料で処分できる場合もある
デメリット
  • 専用のシールが必要なケースもある
  • 自治体にあった対応が必要

自治体の処理施設へ持ち込む

タンスが小さい場合は処理施設へ持ち込むのもおすすめです。処理施設ではサイズや重量によって料金が異なりますので、料金が気になる場合は事前に電話やインターネットで問い合わせて、確認を行いましょう。
 
どうしてもタンスを処分したいと考えている場合は確実に処分できるおすすめの方法です。

メリット
  • トラブルなく確実に処分できる
  • タンス以外もまとめて処分しやすい
デメリット
  • サイズが大きいと高くなりやすい
  • 処理施設までの移動が必要

家具の販売店に引き取ってもらう

家具販売店の買い替え時に引き取りサービスを利用してタンスを処分する方法があります。

引き取りサービスは購入先の家具店が対応してくれるため、費用が掛かりません。さらに、引き取りと合わせて買い替えキャンペーンとして割引を受けることも可能です。

専門の人が自宅まで引き取りに来てくれるので、自分で指定の場所まで持っていく必要がないという点がメリットになります。参考:ニトリ

メリット
  • 無料で処分できる
  • プロが自宅まで取りに来てくれる
デメリット
  • タンスを新しく買うことが前提
  • 地域・お店によっては引き取りサービスをしていないこともある

引越し業者に引き取りを依頼する

大手の引越し業者は、引越し時に不要な家具の引き取りをしてくれます。

引越し業者に引き取ってもらえる場合は無料で対応してもらえるため、費用をかけずにタンスを処分したいと考えている人におすすめです。

ただし、引越し業者によって条件が異なり、下記の場合は引き取ってもらえない場合があります。

引き取ってもらいにくいケース
  • 未対応地域
  • タンスのサイズが大きい
  • 購入日からの年数が経ちすぎている

本当に引き取ってもらえるのか確認の意味も含めて、インターネットや電話で事前に問い合わせを行っておくのがおすすめです。

メリット
  • 無料で処分してもらえる
  • 引越しに合わせて荷物を減らせる
デメリット
  • 状況によって断られることもある
  • 事前の問い合わせが必要

リサイクルショップや買取業者に売却する

大切なタンスを少しでも収益化したいと考えている場合は、リサイクルショップや家具の買取業者に売却する方法もあります。傷や汚れが多い場合や、日焼けがある場合はどうしても売却時の価格が低くなってしまいやすいです。
 
処分に費用が掛からないうえに現金化ができるのは利点ですが、状態が悪いと売れないので、必ず確認した上で売却の検討をしましょう。

メリット
  • 収益化ができる
  • 出張買取審査で来てもらいやすい
デメリット
  • 状態が悪いと安い
  • 問い合わせが必要

メリカリのようなフリマアプリを使用する

近年メルカリや楽天ラクマなど、多くのフリマアプリが登場していますが、フリマアプリを利用すると処分費用がかからない上に、現金化ができます。

ただし、フリマアプリは個人間での取引が必要です。

郵送方法や発送時の送料・状態の有無などを確認した上で出品しないと、トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

フリマアプリを利用して処分したい場合は下記の6つのステップで行いましょう。

フリマアプリを利用する際の流れ
  • STEP.1 利用するフリマアプリを検討
  • STEP.2 フリマアプリの登録
  • STEP.3 出品用の写真撮影
  • STEP.4 タンスの状態を確認し、説明文や写真の登録・出品
  • STEP.5 買い手が見つかったら連絡
  • STEP.6 発送

発送に関しては通常の宅配便では送れないため、発送方法などを調べた上で出品を行うようにしましょう。

メリット
  • 収益化ができる
  • フリマアプリ利用の実績が積める
デメリット
  • 細かい工程が必要
  • 状態によって売れない場合がある

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者は費用が掛かってもスピーディーにタンスを処分したいと考えている場合におすすめです。

産業廃棄物収取運搬許可や一般廃棄物収集運搬許可などの免許を保有している業者に対応してもらえます。

ただし不用品回収業者では、親切な対応をとってくれる業者も多いですが、悪徳な不用品回収業者もいるため、インターネットを利用して口コミや評判を確認しておきましょう。

メリット
  • トラブルなく処分してもらえる
  • スピーディーに処分可能
デメリット
  • 費用が掛かる
  • 悪徳な業者もいる

悪徳な不用品回収業者には注意が必要!

悪質な不用品回収業者は不法投棄を行ったり、高額な費用を請求したりするため、業者選びには注意が必要です。

タンスを処分するはずがトラブルに発展してしまうという事例も少なくありません。

万が一トラブルに発展してしまった場合は、消費生活センターにて相談を行うと対応方法を教えてくれます。

業者選びは慎重に行うようにしてください。

エリア別の不用品回収業者をご紹介!

タンスの処分にかかる費用を比較!

hiyou

タンスを処分する7つの方法について解説をしましたが、費用を重視したい場合は、下記の表を参考にしてください。

【処分方法別の費用比較一覧表】

お手軽さ 費用 特徴
自治体の粗大ゴミに出す ★★★☆☆(3.0/5.0) 無料 ・費用が掛からない
・指定の日・指定場所に出す必要がある
自治体の処理施設へ持ち込む ★★☆☆☆(2.0/5.0) 100円~2,000円 ・いつでも処分できる
・安く処分できる
家具の販売店に引き取ってもらう ★★★☆☆(3.0/5.0) 無料~5,000円 ・買い替え必須
・確認が必要
引越し業者に引き取りを依頼する ★★★★☆(4.0/5.0) 無料~3,000円 ・事前確認が必要
・まとめて処分できる
リサイクルショップや買取業者に売却する ★★★★☆(4.0/5.0) 無料 ・現金化ができる
・売れない場合もある
メリカリのようなフリマアプリを使用する ★★★☆☆(3.0/5.0) 無料~5,000円 ・現金化ができる
・発送方法を調べる必要がある
不用品回収業者を利用する ★★★★☆(4.0/5.0) 7,000~40,000円 ・まとめて処分可能
・いつでも処分ができる

 

タンスの処分なら日本不用品回収センターにお任せください!

nihon-fuyouhinkaisyu

日本不用品回収センターはタンスだけでなく、さまざまな不用品の回収を行っていて、年間20,000件の実績があります。

さらに、24時間対応で、相談やお見積もりは無料で対応しています。タンスの処分費用をなるべく抑えたいと考えている人にもおすすめです。

地域によっては最短即日で対応可能ですので、急いでタンスを処分したいと考えている人もお気軽にお問い合わせください。

 

日本不用品回収センターの公式サイトはこちら

0120-961-609 
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら

タンスの処分に関するよくある質問

situmon

次は多くの人がタンスを処分する際によくある3つの疑問について解説をしていきます。

タンスの処分に関するよくある質問
  • タンスは解体すれば可燃ごみに出せる?
  • タンスを運べない場合はどの処分方法がおすすめ?
  • 二階にあるタンスも処分してもらえる?

それぞれのよくある質問について解説をしていきますので、タンスの処分を検討している人は参考にしてみてください。

タンスは解体すれば可燃ごみに出せる?

解体することによって可燃ごみとして処分できる自治体もありますが、全ての自治体が対応してくれるというわけではありません。

自治体によってはタンスを細かく解体したとしても粗大ごみとして判断される場合も、あります。

さらに、解体するときにのこぎりをはじめとした危険な道具を使用する必要があるため、タンスの解体を行って処分するのはあまりおすすめしません。

タンスを運べない場合はどの処分方法がおすすめ?

タンスのサイズが大きい場合は、引越し業者に依頼する方法や不用品回収業者に依頼をしましょう。

プロの業者に依頼することにより、タンスをスムーズに処分できるほか、自分で動かして部屋の柱や床を傷つける心配もありません。

無駄な出費を減らすためにも、運ぶのが難しそうであればプロの業者に依頼をしてください。

二階にあるタンスも処分してもらえる?

二階にあるタンスを処分したい場合もプロの業者に依頼を行うのがおすすめです。

特に引越し業者だと、運搬作業に慣れているため、スムーズに二階から一階・外へと運んでくれます。

二階から一階に運ぶ作業はご自分で対応すると危険であるとともに、壁や床を傷をつけてしまう可能性が高いです。ですから、二階にある場合もプロに依頼を行いましょう。

タンスの処分方法まとめ

matome

タンスの処分方法について解説しましたが、タンスを自分で運べるのか、どのようなサイズかを考えた上で処分方法を考えましょう。

処分方法の中には収益化できる方法もあり、引越し時や欲しい物にあてることも可能です。タンスを上手に処分するために、自分の目的や状況に合わせた処分方法を選びましょう。

関連記事|粗大ゴミの処分方法

EXAMPLE

不用品回収品目例

1点から回収します

自治体では回収出来ない不用品も
回収
させて頂きます。

下記のような場面はお任せください!

下記のような場面でお役立てください! 下記のような場面でお役立てください!

不用品回収対応エリア

areaページ地図
areaページ地図
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
不用品回収
不用品回収