不用品回収なら24時間対応の日本不用品回収センター

日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

突然家に来る不用品回収業者は不審?悪質な業者の見分け方やトラブルの事例をご紹介

突然家に来る不用品回収業者は不審?
回収の連絡をしていないのに「処分したいものはありませんか」と突然不用品回収業者が訪問してくることがあります。処分に手間がかかるので放置しているものがあれば、その場で引き取ってもらえると便利ですが、突然訪問してくる業者を信用しても大丈夫なのか不安になりますよね。

今回は、突然家に不用品回収業者が来た場合の対処法トラブル事例と併せて解説します。悪質な業者の見分け方優良な不用品回収業者を選ぶポイントもご紹介しますので、不用品の処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

突然家に来る不用品回収業者は怪しい?

突然家に来る不用品回収業者は怪しい?
自治体の許可をとり適切に運営している不用品回収業者は、自宅にいきなり押しかけるような営業方法は行わないため、突然家に来るような業者は悪質な業者である可能性が高いと言えるでしょう。

「無料回収」をアナウンスしながら街中を走っている廃品回収車や、電話で営業をかけてくる業者による被害と合わせ、消費者センターに多数の相談が寄せられています。

 

素性がわからないので悪質な可能性が高い

いきなり訪問された場合、連絡先どころか業者名や所在地など会社情報が不明瞭なまま契約を進めることになりかねません。悪質だと後からわかっても連絡が取れず泣き寝入りするケースもあるため、利用は避けておいたほうが安心です。

 

アポなしで家に来る業者に違法性はないの?

自宅まで訪問して営業を行う行為自体には、違法性はありません。ただし事業者の名前を名乗らない、もしくは適切な説明を行わずに契約を進めたのであれば、違法性があると判断されるケースもあります。

直接自宅に訪問して消費者と契約を結ぶ場合、商品説明や金額、契約解除について記載された書類を手渡す必要があります。契約に関する書類を渡さない、または書類の内容と違う説明を口頭でしてくる場合は、悪質な業者と判断できます。
 

訪問してきた不用品回収業者に違法性があるケース
  • 事業者名を名乗らない
  • サービス内容に関する説明や金額、契約解除について記載した書類を渡さない
  • 口頭では書類の内容と違く説明をする

参考:特定商取引ガイド
 

突然家に来た不用品回収業者によるトラブル事例

消費者センターには、いきなり訪問してくる業者による被害の相談も寄せられています。悪質な業者によるトラブルの事例をご紹介しますので、被害にあわないためにもどのようなトラブルがあるのか知っておいてください。
 

「無料」と聞いていたが高額な費用を請求された

一番多いのが「無料」と説明しながら、作業後に高額な費用を請求されるケースです。

お客様
お客様
「不要なものがあれば無料で回収しますよ」と言われたからお願いしたのに「無料なのは回収費用だけで、積み込み費用や処分費用は別」と言われ、7万円請求されました。
こんなに高額ならお願いしませんでした。

無料でないならキャンセルしたい旨を伝えても、自分では元あった場所に戻せないような大型の家具を家の前に放置されてしまい、どうしようもなく支払う場合もあります。

 

アクセサリーを強引に買い取られてしまった

次に紹介するのは、売る予定のなかった貴金属類を強引に買い取られてしまう被害です。

お客様
お客様
「何か金や宝石を使ったアクセサリーなどはないですか」と言われ断ったにも関わらず「とりあえず見るだけなので持ってきて欲しい」と食い下がられ、なかなか帰ってくれなかったので結局押し負けて買い取られてしまいました。
後から確認したら相場よりもかなり安く、取り戻そうにも連絡先がわからずどうにもなりません。

しつこく食い下がり強引に買い取ってしまう「押し買い」と言われるケースです。突然訪問された場合は連絡先もわからず、大切なものを強引に持ち替えられた場合も取り戻せなくなります。

 

本来不要なリサイクル料を請求された

消費者の無知に付け込んで、本来不要なはずの費用を請求する事例もあります。

お客様
お客様
壊れたビデオデッキの回収を依頼したところ、回収料にプラスしてリサイクル料を2,000円請求されました。テレビや冷蔵庫にリサイクル料がかかるのは知っていましたが、ビデオデッキにもリサイクル料がかかるのでしょうか?

リサイクル料が必要なのは、テレビや冷蔵庫・洗濯機・エアコンといった家電4品目で、炊飯器や扇風機などにはリサイクル料はかかりません。消費者が知らないのを良いことに、費用を上乗せして請求するような悪質な業者もあります。

 

盗難に遭ってしまった

4つめに紹介するのは、盗難の被害です。

お客様
お客様
「とりあえず査定だけでもさせて欲しい」と言われたので、アクセサリーを取りに2階へ行きました。金額に納得できなかったので買取には応じなかったのですが、業者が帰った後家の中のものが数点無くなっていました。

ひょっとしたらこの時に盗まれたのかもしれません。

強引な買取は免れたとはいえ、目を離した隙に盗難にあってしまいました。突然の訪問者は、家の中に入れないようにしましょう。

アポなしで家に来た不用品回収業者の断り方は?

アポなしで不用品回収業者に訪問された時の断り方
突然家に来る業者は、強引にでも契約を進めようと強い口調でペースを握り、断りずらい雰囲気にもっていきます。訪問された時点では信用できる業者だと判断する材料もないので、玄関を開けずインターホン越しに断るといったように、話を聞く姿勢を見せないことが大切です。

 

きっぱり「不要」と伝えることが大切

「重たい家具を無料で回収します」「他店よりも高額で買い取ります」など「ちょっと話を聞いてみようかな」と思わせるサービスを持ちかけられますが、一度話を聞いてしまうと強引に家の中に入られたり、契約を進めるまで居座られたりするケースもあります。
もちろん無料で回収されることも、他店より高額で買い取ってもらえることもありません。

しつこく食い下がられると時間も労力もかかるため、迷っている様子を見せずに最初から不要である旨をしっかり伝えて断りましょう。

 

身の危険を感じるなら警察へ通報も

中には、威圧的な態度で強引に契約を迫る業者もあります。身の危険を感じるようであれば、警察に通報することも視野に入れてください。

こんな不用品回収業者は危険?悪質な不用品回収業者の特徴

悪質な不用品回収業者の特徴
突然訪問してくる不用品回収業者以外にも「無料回収」と書かれたチラシを配布している業者や、廃品回収業者で宣伝しながら街中を走っている業者など、気をつけなければいけない不審な業者がいくつかあります。被害にあわないためにも、悪質な不用品回収業者の特徴をご紹介します。

 

 

適切に営業している業者は依頼がないと訪問しない

自治体の許可を得て適正な金額で運営しているまともな不用品回収業者は、依頼もしていないのに突然自宅に来るような営業方法は行いません。アポなしで訪問してきた時点で怪しい業者だと疑いましょう。

また廃品回収業車でアナウンスしながら走る行為も、適切に運営している業者では行わないので、悪質な業者である可能性が高いと言えます。不用品回収業者を利用する場合は後述している「悪質な不用品回収業者の特徴」を参考にしていただき、信頼できる業者を利用してください。

 

会社や所在地が不明瞭

突然訪問されると、会社名や所在地が不明瞭な状態で話が進んでしまう可能性があります。後に悪質な業者であることがわかっても、連絡先や名称がわからなければ調べようがありません。

訪問で販売や営業を行う場合は、事業者の氏名や契約内容に関する書類を消費者に手渡すよう定められています。書類の用意もなく事業者の正体が不明瞭であれば、話を聞かずに断りましょう。

 

連絡先が携帯電話のみ

連絡先を確認すると、携帯電話だけ告げられるケースがありますが、携帯電話の番号はすぐに変更できるので注意が必要です。優良な不用品回収業者はフリーダイヤルやメール、LINEなどいくつか連絡方法を用意していますので、携帯電話の番号だけであれば利用を控えましょう。

「無料回収」と書かれたチラシを配布している業者も、業者名や所在地は曖昧なことが多く、連絡先は携帯電話のみとなっています。無許可で違法に営業している可能性が非常に高いので「無料回収」という言葉に騙されないでください。

 

「無料回収」や「高価買取」の執拗なアピール

悪質な業者は「無料回収」や「高価買取」など相手の興味を引く言葉を繰り返し使い、なんとか話を聞いてもらえるように仕向けます。その後強引に話を進めて違約させるための手法なので、お得感のある言葉に惑わされて話を聞いてしまうと相手の思うツボです。

不用品を適切に処理するためには、どうしても費用がかかってしまいます。その費用を請求しないということは、作業後に追加費用を請求されてしまう、もしくは不法投棄など違法な処理方法を行なっている可能性があります。
トラブルに巻き込まれないためにも「無料」や「高額」といった言葉で勧誘してくる業者には注意してください。

優良な不用品回収業者の見分け方は?

優良な不用品回収業者を見分けるポイント
今まで危険性やトラブルの事例について解説しましたが、適正に営業している信頼できる業者を利用すれば、自宅にある不用品をまとめて回収してくれる便利なサービスです。安心して利用するためにも優良な不用品回収業者を選ぶポイントを紹介します。

 

 

自治体の許可を得て運営している

まずはホームページの会社概要や会社情報をチェックし、自治体の許可を得ているかどうか確認しましょう。許可を得ている場合は「古物商」や「一般廃棄物収集運搬行」の許可を得ている旨が記載されています。

 

ホームページで営業実績をチェック

ホームページには、営業実績について記載している業者も多くあります。写真付きで回収実績が記載されていれば、どれほどの作業時間でいくら費用がかかるのか目安にできます。

料金体系お客様の声などの記載もあれば、適切に営業している様子が把握できるでしょう。

 

ネットで口コミや評判を事前調べておこう

ネットでは、不用品回収業者を利用した方による口コミや感想を調べられます。スタッフの対応や、作業の丁寧さなど、ホームページだけではわからない情報を知ることができるでしょう。
全ての情報を信じるわけにはいきませんが、悪質な業者はやはり低評価が目立ちます。

口コミは、各業者のホームページのお客様の声や、SNSGoogleの他「ミツモア」や「不用品回収の窓口」といった不用品回収業者のサーチサイトでチェックできます。
 

 

無料見積もりを活用して相場から外れてないか確認

業者によって設定している料金が異なり、中には他社よりも高額な費用がかかるところもあります。見積もりだけなら無料で利用できるので、3社ほどから相見積もりを取りましょう。
複数の業者を比較することで、相場から外れた業者をはじくことができます。

逆に相場より費用が安すぎる場合も注意が必要です。追加で費用を請求される場合もあるので、作業内容について十分確認する必要があります。

不用品の処分は日本不用品回収センターにお任せください

不用品の回収は日本不用品回収センターへ
不用品の処分にお困りなら、日本不用品回収センターにお任せください。年間20,000件を超える回収実績があり、わかりやすい料金体系のサービスを提供しております。
ご依頼いただいた場合のみ訪問し、大切なご自宅を傷つけないよう丁寧に作業いたします。

引越しの際に急いで処分したい時、遺品整理などどこから手をつけていいかわからない時は、ぜひご相談ください。

>>日本不用品回収センターの料金プランはこちら

 

日本不用品回収センターの特徴
  • 年間20,000件を超える回収実績
  • 引越し・ゴミ屋敷清掃・遺品整理などあらゆる不用品回収に対応
  • 即日回収OK 最短30分でお伺い
  • 幅広い定額プランで無駄なく処分

突然家に来る不用品回収業者は不審? まとめ

突然家に来る不用品回収業者は不審?まとめ
適切な営業方法を行っている不用品回収業者は、依頼されていないのに訪問することはないため、突然自宅に来られた場合は警戒した方が良いでしょう。「無料回収」や「高額査定」といったお得感のある言葉で巧みにや違約を進めようとしますが、後から高額な費用を請求されたり、納得していないのに強引に押し買われたりする可能性もあるため、耳を貸さないでください。

トラブルを避けるためにも、連絡先が携帯電話のみの業者や、会社名や所在地が曖昧な業者は利用を避けておきましょう。

不用品回収業者を依頼する時は、まずは自治体の許可を得ているか確認してください。料金体系回収実績が記載されているかチェックし、口コミを調べてから信頼できる業者に依頼しましょう。

EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では対応出来ない不用品も
回収・買取
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都練馬区練馬1-6-1

代表者名:須田 翔太

古物証許可:第431100059363号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

↑