日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

ニトリのベッド・マットレスの処分方法を徹底解説!費用はいくらかかる?

ニトリのベッド・マットレスの処分方法を徹底解説!費用はいくらかかる?

ニトリでマットレスを処分するにはいくらかかりますか?
お客様
お客様
日本不用品回収センター
日本不用品回収センター
マットレスの処分には4,400円の費用がかかります。ニトリに電話で確認したところ、対象のマットレスを購入しなければ、古いマットレスを処分してもらえないようです。

ニトリで購入したベッドの処分でお困りの方はいませんか?ベッドは簡単に捨てられるようなサイズのゴミではないですし、処分に困ってしまいますよね。

本記事では家具量販店として有名なニトリで購入したベッドの処分方法を紹介します。
なお、ニトリで購入していないベッドを処分したい方は、ベッドを処分する方法10選!をご覧ください。

この記事を読んでわかること
  • ニトリで新しくベッドを買うなら引き取りサービスを利用できる
  • ただしニトリのベッドの処分のみを依頼することはできない
  • 急いでいるなら不用品回収業者がベスト
  • 処分費用を抑えたいなら自治体の粗大ゴミ回収に出す
  • 定価が安いベッドや状態の悪いベッドは売却できない可能性が高い

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください!

現在、
つながりやすくなっております!

0120-961-609 営業時間8:00~22:00

ニトリのベッドを処分する方法7選

ニトリのベッドを処分する方法7選

ニトリで購入したベッドを処分する方法は大きく分けて7つあります。
それぞれの方法では、メリット・デメリット・処分に係る費用が違ってくるため、よく見比べて自分に合った方法で処分するようにしましょう。

ニトリのベッドを手放す方法は、下記の通りです。

処分方法 ベッド処分の条件や特徴
リサイクルショップに持ち込む ・状態の良い商品は買い取ってもらえる
・商品状態次第では引き取りすら断られることも
フリマサイトで販売する ・購入希望者とのやり取りが必要
・売れない可能性もあり、売れるまで保管が必要
知人や友人に譲る ・譲る相手との交渉が必須
ベッドを解体して自治体の処理施設へ持ち込む ・自身での解体や指定の処分場までの運搬が必要
家具店の引き取りサービスを利用する ・新たにベッドの購入が必要(ニトリの家具引取りサービスを利用した場合)
・引き取りは購入品と同程度の量まで
自治体で粗大ゴミとして処分する ・回収場所までの持ち込みが必要
不用品回収業者に依頼する ・自宅からの運び出し/解体/処分を全て一括で任せられる

下記からは、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

①リサイクルショップに持ち込む

ニトリのベッドの実写画像1

ニトリで購入したベッドを手放す方法1つ目は、「リサイクルショップに持ち込む方法」です。
処分すると決めたときは捨て方から調べる方が多いかと思いますが、ベッドの状態が良いのであればお金を払って捨てなくてもリサイクルショップに持ち込み買い取ってもらうことができます。

リサイクルショップではどんなベッドでも買い取ってももらえるわけではありませんが、買い取ってもらえれば圧倒的に処分費用が節約できるため少し手も安く手放したいと考えている方は検討してみましょう。
下記からは、リサイクルショップへ持ち込む前に把握しておくと買い取ってもらえる確立が高まるポイントを紹介していきます。

綺麗に掃除をしてから持ち込む

リサイクルショップへ持ち込む際は、仮に購入したばかりでほとんど利用していないベッドであっても細部までチェックして汚れを落とすことがおすすめです。
ベッドは毎日長時間利用し中古を嫌がる方が多いことから、少しでも汚れがあると買取価格が大きく下がってしまう傾向があります。

そのため、自分にとっては大したことないと感じるような汚れであっても、買取金額が安くなってしまう原因になりかねません。
ほこりや水拭きで取れるような汚れは、極力落とすようにしましょう。

掃除をする際に無理にパーツを外そうとすると、ベッドを破損する可能性があるため、掃除の際は無理をしないことも大切です。

フレーム・マットレスもセットで持ち込む

リサイクルショップへいらなくなったベッドを持ち込む際は、ベッドのフレームやマットレスを単体で持ち込むのではなく、両方セットで持ち込むことがおすすめです。
単体で持ち込んだ場合にも買い取ってもらえる可能性はありますが、セットで揃っていた方が単品で買取に出すより高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

事前にベッドの買取に対応しているか確認し、対応しているようなら両方セットで持ち込んでみましょう。
車などがなく、自力での持ち込みが困難な場合には、出張見積もりを利用すると便利です。

なお、そもそもベッドの買取に対応しているかを確認せずに持ち込んでしまうと、対応していなかった時に持ち帰ることになってしまいます。

他の家具・家電も合わせて査定してもらう

もしも手放したいと考えているのがベッドだけでなく、他にも家具や家電があるなら、それらもまとめて買取査定してもらうことがおすすめです。
全てのリサイクルショップがそうという訳ではありませんが、リサイクルショップの中にはまとめて数点以上の買取時に買取金額アップなどのお得なキャンペーンを実施している所が多いです。

そのため、ベッドを単品で査定に出すよりも、複数の家電や家具を一緒にまとめて査定に出した方が買取金額がアップする可能性が高まります。
少しでも高く買い取ってもらいたい方は、他の物もまとめて査定に出してみましょう。

②フリマサイトで販売する

ニトリのベッドの実写画像2

ニトリで購入したベッドを手放す方法2つ目は、「フリマサイトで販売する方法」です。
フリマサイトとは、個人間でいらなくなった物や使わなくなった家具などを取引できる便利なサイトです。

スマホやパソコンから利用することができ、取引が成立するまでは利用料が一切発生しないため、実質無料で今日からでも利用を開始できます。
フリマサイトを利用すれば、簡単にいらなくなったベッド販売できるため、できることならお金を掛けずに処分したいと考えている方におすすめです。

自分で販売ページを作り、購入希望者とやり取りをしなければいけないという手間はありますが、買い手を見つけることができれば処分費用がプラスになります。

③知人や友人に譲る

ニトリで購入したベッドを手放す方法3つ目は、「知人や友人に譲る方法」です。
もしも知人や友人にベッドを必要としている方がおり、譲ってあげることができれば無料でいらないベッドを手放すことができます。

自分は処分費用が掛からず、相手も無料でベッドが手に入るため、お互いにメリットしかありません。
知人や友人の中に引っ越しをする予定がある方などがいる場合は積極的にいらないか聞いてみましょう。

なお、相手がいらないと言ってきた場合は素直に引き下がらないと関係に亀裂が入ってしまうので注意してください。
潔癖症の人などは知人の物であっても、中古の物に苦手意識があります。

④ベッドを解体して自治体の処理施設へ持ち込む

ニトリのベッドの実写画像3

ニトリで購入したベッドを手放す方法4つ目は、「ベッドを解体して自治体の処理施設へ持ち込む方法」です。
ベッドが解体可能な物であれば、解体することでお住まいの地域の自治体の処理場へ持ち込める可能性があります。

自治体の粗大ゴミ回収サービスの中では、自分で処理施設に持ち込む方法が最も安くベッドを手放せるため、自力で解体できるベッドの処分を考えている方は、処理施設への持ち込みも検討してみましょう。

なお、多くはありませんが一部地域では、処理施設を持っておらず受け付けていないケースや、処理施設への持ち込みは企業からのみ受け付けているケースがあるので、持ち込む際は自治体のルールを調べるようにしてください。

ニトリのベッドを解体する手順

ニトリのベッドを解体する方法を紹介します。
大まかな解体の流れは、下記の通りです。

STEP.1
マットレスを取り外す
まずはマットレスを取り外しましょう。接着剤で貼り付けられているわけではないため、持ち上げるだけで簡単に取り外せます。
STEP.2
床板とベッドボードを外す
マットレスを外せたら床板とベッドボードを外しましょう。床板とベッドボードは、ネジなどで止められていることがあります。
STEP.3
脚を取り外す
床板とベッドボードが外せたらひっくり返して脚を取り外しましょう。脚がないタイプの場合はこの工程は飛ばしてください。
STEP.4
フレームを分解する
最後にフレームを分解します。指を挟んだり脚の上にフレームを落としてケガをしないよう注意してください。

⑤家具店の引き取りサービスを利用する

ニトリで購入したベッドを手放す方法5つ目は、「家具店の引き取りサービスを利用する方法」です。
家具量販店などでは、家具の引き取りサービスを行っていることが多いです。

家具店の引き取りサービスを利用すれば、サイズの大きな一人で運べないようなベッドであっても手間をかけずに回収してもらうことができます。
家具店の引き取りサービスを利用する場合の相場は、0円~5,000円です。

利用する家具店によって料金は変わります。
利用には、新しい家具を購入する場合に限り対応するという条件が設けられている家具店が多いです。

ニトリの家具引き取りサービスは4,400円(税込)で引き取りが可能

ニトリでも家具の引き取りサービスを実施しているため、家具店の引き取りサービスを利用したい場合はニトリに依頼することもできます。
ニトリの家具引き取りサービスは、利用に細かい条件が設定されているため、利用する際は事前に条件を確認しておきましょう。

ニトリの家具引き取りサービスを利用するための条件は、下記の通りです。

ニトリで家具引き取りサービスを利用するための条件
  • ニトリで新たに家具を購入する
  • 購入した家具と引き取りを依頼する家具の点数・容量が同数または同程度
  • 家電・仏壇・ウォーターベッドは不可

参考:ニトリの家具引き取りサービスは無料?

⑥自治体で粗大ゴミとして処分

ニトリのベッドの実写画像4

ニトリで購入したベッドを手放す方法6つ目は、「自治体で粗大ゴミとして処分する方法」です。
普通サイズのベッドであれば、自治体の回収サービスを利用することで粗大ゴミとして回収してもらうことができます。

自治体の粗大ゴミ回収サービスは、他の処分方法と比べて手間がかかりますが圧倒的に安く処分できるため、できることなら捨てる際にあまりお金を掛けたくないと考えている方に最適です。

自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用してベッドを手放す場合の詳しいメリットとデメリットについては、次の章でまとめて紹介しているので、検討中の方はぜひそちらも合わせてご確認ください。

ベッドを粗大ゴミとして処分するメリット

ベッドを自治体の回収サービスを利用して粗大ゴミとして処分する際のメリットを紹介します。
主なメリットは、下記の通りです。

粗大ゴミとして処分するメリット
  • 処分にかかる費用が他の処分方法と比べて安い
  • 依頼するサービスを選ぶ手間がない

粗大ゴミとして処分することの最大のメリットは、とにかく処分にかかる費用が安いことです。
他の処分方法と比べて圧倒的に安く処分することができるため、少しでも安く手放したいと考えている方に最適です。

処分に係る費用が安い分、他の処分方法に比べて回収してもらえるまでに時間がかかり、タイミングによっては最大1~2週間ほど自宅に保管することになるので注意してください。

ベッドを粗大ゴミとして処分するデメリット

ベッドを自治体の回収サービスを利用して粗大ゴミとして処分する際のデメリットを紹介します。
主なデメリットは、下記の通りです。

粗大ゴミとして処分するデメリット
  • 処分できるまでに時間がかかる
  • 自分でベッドを回収場所まで運ぶ必要がある
  • 処分前に予約を取る必要がある

自治体の回収サービスを利用して粗大ゴミとして処分する方法には、処分費用が安いというメリットがありますが、処分できるまでに時間がかかるというデメリットが存在しているため、急いでいる方には向きません。
急いでいる場合は、他の処分方法を検討しましょう。

ベッドを自治体に回収依頼する際の流れ

ベッドを自治体に回収依頼する際の流れを紹介します。
自治体が提供している粗大ゴミの回収サービスは自治体ごとに異なるため、詳細な流れはお住まいの地域ごとに若干の違いがありますが、大まかな流れは下記の通りです。

STEP.1
予約をする
まずは予約が必要です。自治体ホームページから受付窓口を探して予約を取りましょう。基本的には早くても処分できるまでに1週間以上の時間がかかります。
STEP.2
粗大ゴミシールを購入する
予約をしたら、予約時に指示された金額分の粗大ゴミシールを購入しましょう。粗大ゴミシールは、コンビニやスーパーなどで購入できます。
STEP.3
回収場所へ運ぶ
粗大ゴミシールを購入し、粗大ゴミに貼り付けたら回収日を待ちましょう。回収日の前日になったら回収場所へ粗大ゴミを運ぶ必要があります。早く出しすぎると近隣の方の迷惑になるので注意してください。
STEP.4
回収当日
事前に予約をした回収予定日になると、出しておいた粗大ゴミを係りの方が回収してくれます。この際立ち合いなどは必要ありません。

⑦不用品回収業者に処分を依頼する

ニトリで購入したベッドを手放す方法7つ目は、「不用品回収業者に処分を依頼する方法」です。
不用品回収業者とは、お金を払うことでいらなくなった家具や使わなくなった家電を回収・処分してくれる業者です。

他の処分方法と比べて処分費用が若干高くなる傾向にありますが、回収だけでなく自宅からの運び出し・解体・処分を全て任せることができるため、外まで運べないようなサイズの大きなベッドを手放そうと考えている方に最適です。

業者にもよりますが、大抵どの業者も急ぎの依頼に対応しており、急ぎの場合は即日対応してもらうことができます。

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください!

現在、
つながりやすくなっております!

0120-961-609 営業時間8:00~22:00

ベッドの処分料金を一覧表で比較

ベッドの処分料金を一覧表で比較

できることなら処分費用の安い方法で処分をしたいと考えている方が多いのではないでしょうか?そこでここでは処分方法ごとの料金を一覧形式で紹介します。

処分方法で迷っている方はぜひ参考にしてください。

処分方法 処分料金
リサイクルショップへ持ち込む 無料
フリマサイトで販売する 無料
知人友人に譲る 無料
自治体の処理施設に持ち込む 1,000円~3,000円
ニトリの引き取りサービスを利用する 4,400円+新品のベッド購入費用
自治体の粗大ゴミ回収に出す 2,000円~3,000円
不用品回収業者に依頼する 2,000円~5,000円

ニトリのベッドは定価が安いため中古品として需要は少ない

「リサイクルショップへ持ち込む方法」「フリマサイトで販売する方法」「知人友人に譲る方法」は、処分料金が無料と紹介しましたがどんなベッドでも必ず利用できる方法ではありません。
ニトリのベッドは定価が安いため中古品の需要はかなり低く、よほど状態が良いベッドやニトリの中でも定価が高額なベッドでない限り売却は難しいと言えます。

長年使っていて汚れがひどい場合には売却できる可能性は低いため、期待せずに他の方法も考えてみましょう。
できる限り安く処分したいのであれば、自治体の処理施設に持ち込むことがおすすめです。

今すぐにでもベッドを処分したい人は不用品回収業者がおすすめ

今すぐにでもベッドを処分したい人は不用品回収業者がおすすめ

引っ越しなどでとにかく処分を急いでいるのであれば、不用品回収業者へ回収を依頼することがおすすめです。
自治体の処理施設に持ち込む方法やニトリの引き取りサービスを利用する方法では、タイミング次第で最大1週間~2週間ほど回収を待たなければいけない時間が発生しますが、不用品回収業者では最短1日で回収に来てもらうことができます。

事前の予約をしていなくても当日中に回収に来てもらえることがほとんどのため、捨てたいと感じたらすぐにベッドを手放すことが可能です。
自治体の回収サービスを利用する方法や処理施設に持ち込む方法と比べると若干費用は高くついてしまいますが、数千円程度しか変わらないため急いでいる場合は検討してみましょう。

【まとめ】ニトリでベッドを処分する方法を徹底解説!

【まとめ】ニトリでベッドを処分する方法を徹底解説!

本記事では、ニトリで購入したベッドを処分する方法を紹介しました。
いかがだったでしょうか?

とにかく少しでも安く処分したいのであれば、自治体の回収サービスを利用する方法がおすすめで、処分を急いでいるのであれば不用品回収業者の利用がおすすめです。
買取に出す選択肢もありますが、ニトリのベッドは低下が安いため買取をしてもらえる可能性はあまり高くありません。

本記事がベッドの捨て方がわからず困っている方のお役に立てれば幸いです。

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら

日本不用品回収センターの不用品回収実績

EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では対応出来ない不用品も
回収・買取
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください!

現在、
つながりやすくなっております!

0120-961-609 営業時間8:00~22:00
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都世田谷区駒沢1-13-12

代表者名:後藤真之介

古物証許可:第451910009933号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

不用品回収比較センター

↑