引越しに伴う不用品回収は日本不用品回収センター
日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

【兵庫県神戸市】粗大ゴミを処分する方法!手順や手数料、自治体以外の処分方法もご紹介!

神戸市の粗大ゴミ処分方法
 
大型の家具や家電を捨てる時は、ゴミの日に出すのではなく自治体に粗大ゴミの回収を申し込み、指定日に収集してもらうのが一般的です。自治体によって細かいルールが異なるので、どうしてよいのかわからずついつい処分を後回しにしている方もいるのではないでしょうか。
 
今回は、兵庫県神戸市で粗大ゴミを処分する方法をご紹介します。申し込み手順手数料自治体の回収以外の処分方法についても解説しますので、神戸市で粗大ゴミを処分したいという方は是非参考にしてください。

 

 

神戸市で粗大ゴミを処分する方法

神戸市の粗大ゴミ処分方法
 
地域によって粗大ゴミとなる大きさや収集の予約方法が違いますので、神戸市で粗大ゴミを処分する方法をご紹介します。

神戸市は何cm以上で粗大ゴミになる?

ほとんどの自治体では30cm以上、もしくは50cm以上で粗大ゴミといったように長さが決められていますが、神戸市の場合は指定袋に入らない大きさのものが粗大ゴミ扱いになります。
 
45Lの指定袋に入らないものが粗大ゴミです。袋に入ったとしても、口をしっかり結べなければ粗大ゴミになるので注意しましょう。
指定袋に入ったとしても、単品で5㎏以上のものも粗大ゴミとして扱われます。

神戸市の粗大ゴミ回収を予約する方法

神戸市では、粗大ゴミの回収予約を電話やFAX、またはインターネットから申し込めます。申し込み時に手数料や回収日、排出場所が案内されます。
 
手数料分の「大型ごみシール券」を購入し、粗大ゴミに貼り付けて指定日の朝5~8時の間に指定された場所に出しておきましょう。1回に出せる粗大ゴミは5個までです。
 

インターネットから申し込む

インターネットから申し込んだ場合は、キャッシュレス決済が可能です。キャッシュレス決済ではシール券がないため、代わりにシール券と同程度のサイズ(約100×130mm)~A4(297×210mm)程度の大きさの用紙を用意し、4桁の受付番号と収集日、金額を記載して粗大ゴミに貼っておきます。
 
品目によってはインターネットでは申し込めませんので、その場合は電話やFAXで予約してください。
 

インターネット受付で可能なキャッシュレス決済
  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)
  • ID決済(PayPay、LINEPay)

 

神戸市の粗大ゴミの回収申し込み(※2023年8月現在)
インターネット 神戸市粗大ごみインターネット受付

 

電話・FAXで申し込む

電話やFAXの受付時間は、月~金曜日の9:00~16:00です。週明けの月曜日は込み合っており、つながりにくい可能性があります。
 
申し込み後は、案内された金額分の大型ごみシール券を購入し、粗大ゴミに貼り付けて出しましょう。
 

神戸市の粗大ゴミの回収申し込み(※2023年8月現在)
電話 078-392-7953
FAX 078-392-5500

神戸市の大型ごみ処理手数料納付券(シール券)の買い方

電話やFAXで申し込んだ場合は、手数料分の大型ごみシール券が必要です。大型ごみシール券はコンビニの他、イズミヤやイオンといったスーパーホームセンターなどで購入できます。
 
300円券600円券の2種類あるので、必要な金額になるよう組み合わせて購入してください。シール券には予約時に案内された4桁の案内番号を記載しておきます。

 

神戸市の大型ごみ処理手数料納付券(シール券)の販売場所
  • イズミヤやイオン、ダイエーなどのスーパー
  • セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどコンビニ
  • カインズホーム

 

神戸市で粗大ゴミとして回収されない品目は?

神戸市の粗大ゴミ回収できない品目
 
神戸市で粗大ゴミとして収集されるのは家庭のゴミです。事業活動で排出されるものは回収されませんのでご注意ください。家電リサイクル法対象の製品やパソコンも対象外です。
 
困難な70㎏を超えるもの、体積が2.5立方メートルを超えるものも回収や処理が困難なため収集されません。
 

神戸市で粗大ゴミとして回収されない品目
  • 家電リサイクル法対象の製品(テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)
  • パソコン
  • 70㎏を超えるもの
  • 2.5立方メートルを超えるもの
  • 事業活動で排出されるゴミ

 

神戸市で粗大ゴミの処分にかかる料金は?

神戸市の粗大ゴミの手数料
 
神戸市では、粗大ゴミの大きさによって手数料が異なり、300円・600円・900円・1,200円・3,000円の5段階に区分されています。品目ごとの手数料の一例をご紹介しますので、参考にしてください。
 

神戸市で粗大ゴミの処分にかかる料金(※2023年8月現在)
衣装ケース・1人用の椅子・除湿機・スーツケース・チャイルドシート・扇風機など 300円
2人用の椅子・ガスコンロ・ドレッサー・石油ストーブ・テレビ台・電子レンジなど 600円
高さ90cm以下の食器棚やタンス・サイクリングマシーン・ステレオセット・シングルベッドフレームなど 900円
高さ90cm以上の食器棚やタンス・シングル以上のベッドフレームなど 1,200円
オルガン・電動式ベッド・マッサージ機・スプリング入りのマットレスなど 3,000円

 

神戸市で自治体の回収以外に粗大ゴミを処分する方法

神戸市自治体の回収以外の処分方法
 
自治体に戸別収集を申し込む以外にも、様々な粗大ゴミの処分方法があります。神戸市でできるその他の処分方法をご紹介しますので、状況に合わせて処分しやすい方法を選んでください。
 

直接クリーンセンターに持ち込む

神戸市では、家庭からでるゴミを直接市の処理施設に持ち込めます。持ち込みには、事前予約が必要です。
予約時には審査があり、審査後日時を予約するまでに1週間ほど期間がかかります。
 
施設の持ち込みを予約するためには「e-KOBE」への登録が必要です。e-KOBE上で予約を行った後、指定日に布施畑環境センターへ持ち込みます。
 
搬入時に手数料を支払うシステムのため、大型ごみシール券を貼らずに搬入してください。処分の手数料は10㎏あたり140円です。
 

メリット

  • 処分費用が安くなる
デメリット

  • e-KOBEの登録、事前予約や審査が必要
  • 運搬手段が必要

フリマアプリやリサイクルショップで売る

排出される粗大ゴミにはまだ使える品も多いため、神戸市では「おいくら」「ジモティー」といった事業者と連携して不用品のリユースを促進しています。ゴミを減らすために、まだ使えるものならリユースも検討してみてください。
 
おいくらは、複数のリサイクルショップの買取価格が一度に比較できるサービスです。ジモティーなら不要非なったものを地域内で譲ることができます。
 
フリマアプリに出品して、売却するのも良いでしょう。大型のものは送料が高額になるので、送料にも配慮して価格を設定してください。
購入者を兵庫県在住の方に限定する、送料を購入者負担にするといった方法もあります。
 

メリット

  • ごみの排出量が減らせる
  • 売却できれば利益になる
デメリット

  • 出品や交渉に手間がかかる
  • 配送料が高い

販売店の引き取りサービスを利用する

ニトリや東京インテリアなど家具販売店では、新規購入のタイミングであれば古い家具を有料で引き取ってくれるサービスがあります。配送時にそのまま引き取ってくれるので、手間をかけずに処分できます。
企業によって細かい条件が違うので、購入時に店舗に確認してください。
 
イケアでは、テーブルやスツールなど一部のイケア商品を買い取っています。家具の状態に応じた金額を、イケアで利用できるプリペイドカードで渡してもらえます。
ソファやマットレスは無料引取サービスもあるので、イケアで家具を購入している方は活用しましょう。
 
家電製品は、ケーズデンキやジョーシンといった家電量販店の引き取りサービスが利用できます。リサイクル料はかかりますが、テレビや冷蔵庫など市では回収できない製品の回収も受け付けています。
 

メリット

  • 比較的手間がかからない
デメリット

  • 市の粗大ゴミ収集より費用は高め
  • 家具は新規購入時のみの場合が多い

不用品回収業者に引取りを依頼する

急いで処分したい方は、不用品回収業者の利用が便利です。市の粗大ゴミ収集は申し込みから回収まで2週間程度かかるので、それでは間に合わないケースもありますよね。
不用品回収業者では即日回収に対応しているところも多く、電話したその日に回収してもらえます。
 
引越しや断捨離のタイミングで複数の不用品を同時に処分したいという方にも、不用品回収業者の利用がおすすめです。神戸市では1度に収集できる粗大ゴミは4個までですが、不用品回収業者なら1軒分の不用品を丸ごと回収することが可能です。
まとめての回収であれば、2tトラック載せ放題といった定額プランを利用でき、処分費用を大幅に抑えられます。

 

メリット

  • 即日回収可能
  • まとめて回収できる
  • 定額プランならお得
デメリット

  • 費用は比較的高め
  • 悪質な業者もある

 

悪質な業者にご注意ください

不用品回収業者の中には、不当に高額な費用を請求したり、強引に契約を迫ったりするような悪質な業者も存在します。悪質な業者は自治体の許可を得ずに営業しているケースがほとんどなので、不用品回収業者を利用する際は、「一般廃棄物収集運搬業」「古物商」を取得していることを確認してから依頼しましょう。
 
口コミなどを事前に確認しておくことも大切です。低評価が目立つようであれば、避けておいた方が良いでしょう。

 

神戸市で粗大ゴミを捨てるなら日本不用品回収センターにお任せ!

不用品の回収は日本不用品回収センターへ
 
神戸市で粗大ゴミを処分したい方は、日本不用品回収センターにお任せください。自治体では回収できない大きさや重さのものも、ご自宅まで回収に伺います。
即日回収可能!お電話いただいてから最短30分で駆けつけますので、急いでいる方もまずはご相談ください。
 
深夜や早朝の回収にも対応しておりますので「忙しくてなかなか処分の手配ができない」という方にもご利用いただけます。
 

>>日本不用品回収センターの料金プランはこちら

 

日本不用品回収センターの特徴
  • 年間20,000件を超える回収実績
  • 即日回収に対応
  • 深夜・早朝の時間帯の回収可
  • お電話は365日・24時間対応

 

神戸市の粗大ゴミ回収に関するQ&A

神戸市の粗大ゴミの処分方法に関するよくある質問
 
神戸市の粗大ゴミに関するよくある質問や疑問をまとめました。粗大ゴミを出す時にお悩み事があれば参考にしてください。
 

神戸市では粗大ゴミをいつ出せばいい?

神戸市では、申し込みの際に回収日が案内されます。回収日の朝5~8時の間に、指定された場所に出しておきましょう。

神戸市で電子レンジやオーブンレンジは粗大ゴミになりますか?

神戸市では指定の45Lの袋に入らないものは粗大ゴミという扱いですが、袋に入っても単品で5㎏以上のものも粗大ゴミになります。電子レンジやオーブンレンジは15㎏以上あるものがほとんどなので、粗大ゴミとして処分しましょう。
手数料は、1台当たり600円です。

神戸市では布団は大型ゴミになりますか?

神戸市では、神戸市指定の45Lの袋に入らなければ粗大ゴミとして扱うため、指定袋に入らない大きさの布団は粗大ゴミです。布団の場合は、3枚ごとに300円の費用がかかります。

 

神戸市で粗大ゴミを処分する方法 まとめ

神戸市の粗大ゴミ処分方法まとめ
 
神戸市では、神戸市が指定する45Lの袋に入らないものは粗大ゴミとして扱われます。袋に入っても、単品で5㎏以上のものも粗大ゴミになるので注意してください。
 
回収を申し込む場合は、電話やFAX、もしくはインターネットから受け付けています。手数料分の「大型ごみシール券」を購入し、回収指定日の朝5~8時の間に出しておきましょう。
キャッシュレス決済の場合は、シール券と同程度の大きさの紙に必要事項を記載し、粗大ゴミに貼り付けます。
 
自己搬入が可能であれば、直接処理施設に持ち込むことで費用を抑えられます。まだ使用できる状態のものは、リサイクルショップやフリマアプリを活用してリユースするのも良いでしょう。
買い替えのタイミングなら、販売店の引き取りサービスの利用が便利です。
 
「急いで処分したい」「まとめて多量の不用品を回収して欲しい」といった方は、不用品回収業者へ依頼するのがおすすめです。業況に合わせて都合の良い処分方法を選択してください。
 

EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では対応出来ない不用品も
回収・買取
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!
0120-961-609
簡単LINE見積もりはこちら 無料見積もりフォームはこちら
0120-961-609
無料見積もりフォームはこちら 簡単LINE見積もりはこちら
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都練馬区練馬1-6-1

代表者名:須田 翔太

古物証許可:第431100059363号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

↑