日本不用品回収センター 24時間365日受付中!0120-961-609

座卓はどうやって処分する?安く捨てるための方法も紹介

座卓はどうやって処分する?安く捨てるための方法も紹介

引っ越しなどを機に座卓を手放そうと考えているけど、捨て方がわからず困っているという方はいませんか?
本記事では、おすすめの座卓の処分方法を紹介します。

捨て方がわからず困っているという方は、ぜひ参考にしてください!

この記事を読んでわかること
  • 一枚板や大理石の場合は注意が必要
  • 捨て方で迷っている方は不用品回収業者の利用がおすすめ
  • 解体したら燃えるごみとして出せる

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください!

現在、
つながりやすくなっております!

0120-961-609 営業時間8:00~22:00

座卓処分でおすすめの方法5選!

座卓処分でおすすめの方法5選!

座卓を手放す際におすすめの処分方法を5つ紹介します。
おすすめの処分方法は下記の通りです。

おすすめの座卓処分方法5選
  • 自治体の回収に出す(粗大ごみ・燃えるごみ・燃えないごみ)
  • リサイクルショップへ持ち込む
  • フリマアプリで販売する
  • 新品購入時の引き取りサービスを利用する
  • 不用品回収業者を利用する

下記からは、それぞれの方法の詳しいメリットを紹介します。
捨て方で迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

自治体で処分する

自治体で処分する

座卓のおすすめの捨て方1つ目は、「自治体で処分する方法」です。
座卓は危険な薬品やガスなどが内部に含まれているわけではないため、普段ごみを捨てる際と同じように、自治体の回収に出すことができます。

自治体の回収に出す場合は、「粗大ごみ」・「燃えるごみ」・「燃えないごみ」の3つに分類されることが多いです。
一番長い辺の長さが30センチ以下の場合は、燃えるごみ・燃えないごみとして回収され、一番長い辺の長さが30センチ以上の場合は粗大ごみとして捨てなければいけないことがほとんどです。

粗大ごみに該当する場合は、300円から1,000円で処分でき、燃えるごみ・燃えないごみの場合は、ゴミ袋代のみで特別ほかに費用が発生することはありません。
費用を節約したいからといってサイズでみると粗大ごみに分類されるのに、燃えるごみとして回収に出してしまうと回収されずに放置されてしまうので気をつけてください。

リサイクルショップで買取に出す

リサイクルショップで買取に出す

座卓のおすすめの捨て方2つ目は、「リサイクルショップで買取に出す方法」です。
もしも手放そうと考えている座卓の状態が悪くないのであれば、リサイクルショップに持ち込んでみると買い取ってもらえる可能性があります。

リサイクルショップで買い取ってもらうことができれば、無料で処分でき、さらに処分費用をプラスにできる可能性もあるため、状態が良い座卓を手放すのであれば、断然リサイクルショップの買取に持ち込むことがおすすめです。
もちろん買い取ってもらえるのは状態が良い座卓のみで、表面に汚れがへばりついているなどの状態が悪い場合には買取を断られるので注意してください。

買取の際には、汚れ具合など状態を確認されるため、表面を拭いたり、ほこりを取ったりしてから持ち込むことがおすすめです。

フリマアプリで販売する

フリマアプリで販売する

座卓の処分方法の3つ目は、「フリマアプリで販売する方法」です。
手放そうと考えている座卓の状態が良ければ、わざわざお金を支払って処分をしなくても、お金に換えることでも処分できます。

フリマアプリとは、個人間で使わなくなった家具・家電・雑貨などを取引が行えるアプリです。
パソコンとスマートフォンの両方で無料で使用することができ、すでにパソコン・スマートフォンの本体をお持ちの方であれば、すぐにでも手放したいと考えている座卓を販売することができます。

登録から販売までは完全無料で利用できるため、迷っている方はまず出品してみることがおすすめです。
なお、買い手が見つかった場合には販売手数料と送料が発生するので注意してください。

新品購入時の引き取り

座卓のおすすめの捨て方4つ目は、「新品購入時の引き取りサービスを利用する方法」です。
多くの家具屋さんでは、新品の家具を購入した際にこれまで使っていた家具の無料引き取りを行っています。

新品購入時の引き取りサービスの利用料金は0円から3,000円程度です。
新品購入時の引き取りを利用すれば、簡単にお金をかけずに使わなくなった座卓を処分できるため、買い替えに伴って手放すことを考えている人は新品購入時の引き取りサービスの利用がおすすめです。

なお、家具販売店によっては、ネットショップでの新品購入時には引き取りサービスが利用できないなどの細かいルールが決まっているケースが少なくないため、事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

不用品回収業者を利用する

座卓のおすすめの捨て方5つ目は、「不用品回収業者を利用する方法」です。
不用品回収業者とは、使わなくなった家具や壊れてしまった家電、資源ごみなどを有料で回収している業者です。

電話またはホームページのお問い合わせフォームから連絡するだけですぐに回収に来てもらえるため、とにかく処分を急いでいるという方や、重い座卓を回収場所まで運ぶのがつらいと考えている方は不用品回収業者の利用がおすすめです。
費用はおおよそ、1,000円から3,000円程度です。

事前に無料で査定をしてもらうことができるため、利用を迷っている方は事前の査定だけでも依頼してみましょう。
下記でおすすめの不用品回収業者を紹介しているので、業者選びで迷っているという方はぜひ参考にしてください。

おすすめ不用品回収業者|日本不用品回収センター

これまで1度も不用品回収業者を利用したことがないという人の方が多いのではないでしょうか?
どこの業者に依頼したら良いのかわからないと迷っているのであれば、「日本不用品回収センター」の利用がおすすめです。

日本不用品回収センターとは、365日24時間年中無休で依頼を受け付けている業者です。
年間20,000件以上の依頼を受けているという確かな実績を持っています。

高品質で低価格なサービスが魅力で、初めての利用で勝手がわからないという方にも優しく利用の手順を教えてくれます。
手数料と見積もり料金が完全無料のため、できる限り処分費用を抑えたいと考えている方に最適です。

対応地域は、関東地方と中部地方と近畿地方です。
分別などのめんどくさい作業も無料で対応してもらえるため、複数の物をまとめて回収してもらう場合にも分別の必要はありません。

座卓の処分にかかる料金一覧

座卓の処分にかかる料金一覧

処分方法を決めるなら、どのくらいの費用がかかるのか見比べてから決めたいと考えている方が多いのではないでしょうか?
下記からは、処分方法ごとのかかる料金をまとめて紹介します。

座卓の処分にかかる費用一覧
捨て方 リサイクル料金
自治体の回収に出す 粗大ごみの場合は300円から1,000円程度
燃えるごみ・燃えないごみの場合は無料(地域指定のゴミ袋代のみ)
リサイクルショップへ持ち込む 無料
フリマアプリやネットオークションへ出品する 無料(手数料と送料がかかることも)
新品購入時の引き取り 0円から3,000円程度
不用品回収業者 1,000円~3,000円程度

なお、一口に座卓といっても食卓用のような大きな座卓から折り畳み式の持ち運べる小型の物まで存在しているため、上記で紹介した費用はあくまでも目安であり、手放す座卓のサイズによっては大きく差が出てくる可能性があるということを頭に入れておいてください。

座卓の処分で不用品回収業者を利用するメリット

座卓の処分で不用品回収業者を利用するメリット

座卓の捨て方で迷っているなら、断然メリットの多い不用品回収業者の利用がおすすめです。
不用品回収業者を利用するメリットは下記の3つです。

不用品回収業者を利用するメリット
  • 大きいサイズの座卓も解体せずに処分可能
  • 座卓の解体作業も依頼可能
  • 即日対応してもらうこともできる

下記からは、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。
利用を迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

大きいサイズの座卓も処分可能

不用品回収業者を利用するメリット1つ目は、「大きいサイズの座卓も処分可能なこと」です。
食卓用などの家族全員で同時に食事がとれるようなサイズの座卓は、持ち運ぶだけで一苦労です。

しかし、不用品回収業者を利用すれば、自宅からの運び出しから処分まですべてを任せることができるため、処分に一切の手間・時間がかかりません。
もちろん自宅内に階段などの運び出しが難しい場所があったとしても料金は変わらず、壁などにぶつけられてしまう心配もありません。

普段力仕事になれていないという方であれば、運び出しをする際にケガをしてしまう可能性も高いです。
自力で運べる自身がない方は、無理せずに業者を頼ることがおすすめです。

座卓の解体作業も依頼が可能

不用品回収業者を利用するメリット2つ目は、「座卓の解体作業も依頼が可能なこと」です。
座卓の中には、ばらばらの状態で購入し、自宅に届いた後で工具などを使って組み立てる形式の物もあります。

自宅の中で組み立てを行った座卓の場合は、処分の際に解体をする必要がありますが、不用品回収業者を利用すればこの解体の作業も依頼することで任せることが可能です。
解体には別途費用が請求されるケースが多いですが、費用も1,000円程度とお得な価格であることがほとんどです。

解体が億劫でなかなか処分に踏み切れなかったという方は、不用品回収業者に依頼し、解体の作業も依頼してみてはいかがでしょうか?

即日対応で急な引っ越しにも対応できる

不用品回収業者を利用するメリット3つ目は、「即日対応で急な引っ越しにも対応できること」です。
座卓を手放そうと考えている人の中には、とにかく時間がなく急いでいるという方もいるのではないでしょうか?

他の処分方法では、早くても処分までに数日から1週間程度かかってしまうのに対して、不用品回収業者を利用すれば、依頼した当日に回収に来てもらうこともできます。
業者によっては当日回収してもらえない場合もありますが、スピード回収を売りにしている業者は多いため、利用が込み合うシーズン以外であれば、当日に回収してもらえることの方が多いです。

処分を急いでいるという方は、不用品回収業者の利用を検討してみてください。

座卓を処分するときの注意点

処分の際に注意が必要な座卓について

座卓の素材やサイズは座卓ごとに違っています。
そのため中には、手放す際に注意が必要な座卓もあります。

注意が必要な座卓は下記の2つです。

手放す際に注意が必要な座卓の種類

下記からは、それぞれ何に気を付けたら良いのかを詳しく解説していきます。
自分が手放そうと考えている座卓が、大理石の座卓または1枚板の座卓に該当する場合は、ぜひ事前にご確認ください。

大理石の座卓

手放す際に注意したい座卓1つ目は、「大理石の座卓」です。
大理石の座卓は、大理石という特殊な素材で作られているため、回収を断られてしまうケースが非常に多いです。

自治体の回収だとサイズ的に粗大ごみに該当していたとしても、大理石という素材から断られてしまうことは少なくないため、自治体の回収に出す際は、まず自分のお住まいの地域の自治体が大理石の回収に対応しているのかを確認しましょう。
ホームページなどから確認することができます。

もし自分が住んでいる地域の自治体では大理石を回収していなかった場合には、不用品回収業者へ依頼して回収してもらいましょう。
業者であったとしても回収に対応していないケースや別途費用がかかるケースがあるため、事前の確認は必須です。

1枚板の座卓

手放す際に注意したい座卓2つ目は、「1枚板の座卓」です。
1枚板とは、1つの大きな木から切り出した1枚の板で天板(座卓の物を置く面)が作られている座卓のことです。

1枚板の座卓はどの素材であっても、他の座卓に比べて重いという特徴があるため、手放す際は重さに注意する必要があります。
100キロ以上のものも珍しくないため、処分の際は自治体ではなく不用品回収業者に運び出しから処分までを任せることがおすすめです。

一般的な座卓を手放す際に比べて人手が必要になることから、処分費用が高くなる可能性があるため、処分の際は費用が高くなる可能性を頭に入れておきましょう。
お問い合わせの段階から1枚板の座卓だということを伝えておくと回収までがスムーズです。

【まとめ】座卓処分の方法・料金を徹底解説!安く捨てるための方法も紹介

【まとめ】座卓処分の方法・料金を徹底解説!安く捨てるための方法も紹介

本記事では、おすすめの座卓の捨て方と処分方法ごとの料金について紹介しました。いかがだったでしょうか?

座卓の処分方法は1つではなく、複数存在しています。状態が良い物であれば、お金をかけて捨てなくてもお金に変えることで処分する方法もあります。

費用やメリットなどを見比べて、自分に合った処分方法で手放すようにしてください。本記事が、座卓の捨て方がわからず迷っているという方のお役に立てば幸いです。

日本不用品回収センター加藤執筆者
加藤
ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー。2020年から整理収納コンサルタントとして活動。「部屋の乱れは心の乱れ」をモットーに、一般家庭から企業のオフィス環境の改善までコンサルタント業務を手掛ける。学生時代からコラムニストとしても活動し、不用品回収や収納ノウハウを中心とした記事執筆を行っている。
監修者・執筆者の一覧はこちら

日本不用品回収センターの不用品回収実績

EXAMPLE

不用品回収品目例

自治体では対応出来ない不用品も
回収・買取
させて頂きます。

不用品回収ならお任せください!

不用品回収ならお任せください! 不用品回収ならお任せください!

お急ぎの方は下記よりお問い合わせください!

現在、
つながりやすくなっております!

0120-961-609 営業時間8:00~22:00
↑
日本不用品回収センターの詳細
不用品回収の対象地域
関東地方
中部地方 近畿地方
会社情報

住所:東京都世田谷区駒沢1-13-12

代表者名:後藤真之介

古物証許可:第451910009933号

関連するリンク一覧

環境省

SDGsについて|外務省

一般社団法人 家電製品協会

一般社団法人 遺品整理士認定協会

不用品回収比較センター

↑